製造過程の発酵で乳酸菌の効果が備わるメンマにある魅力と特徴 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 製造過程の発酵で乳酸菌の効果が備わるメンマにある魅力と特徴

製造過程の発酵で乳酸菌の効果が備わるメンマにある魅力と特徴

実は発酵食品のメンマが秘めるすごい効果

メンマといえば、独特の触感と歯ざわりが魅力的で、料理に歯ごたえをプラスする特徴があります。ただ、食材のすごさはあまり知られておらず、栄養や食物繊維が多いことを知らない人も少なくありません。中でも、乳酸菌の効果はメンマの意外性を強めていますが、発酵食品であると理解することで、初めて本当のすごさに気が付けます。栄養はビタミン類が豊富なので、基礎的な健康の維持には勿論、美容にも役立つ食材だといえます。また、食物繊維も沢山入っていますから、お通じが悪くスッキリしない人や、ダイエットしたいのに痩せられない人にも最適です。一方、健康が特に気になる人にとっては、糖質や脂質の吸収を抑えてくれる食材なので、意識的に食べるだけの価値があると考えられます。しかし、この食材の本当のすごさは、充実する栄養素や食物繊維よりも、発酵過程で得られる乳酸菌にあります。乳酸菌には整腸効果がありますし、病気のリスクになる悪玉菌を減らしてくれるので、健康で美しくなりたい人におすすめすることが出来ます。乳酸菌を摂取する今までの方法は、ヨーグルトやチーズといった発酵食品であったり、納豆や味噌が主な選択肢だったといえるでしょう。そこに新たな発酵食品が加わりますから、選択肢の数が増えますし、組み合わせのレパートリーも増加することになります。乳酸菌を持つ発酵食品に分類されるメンマは、歯ごたえに特徴がある食材で、その健康と美容効果と相まって魅力があります。

 

乳酸菌が発酵するメンマの製造過程

メンマの原材料は麻竹で、根本を輪切りにカットしてから、製造過程の初期段階に入ります。最初は麻竹を蒸して、柔らかくなったら竹で作られたカゴに入れて自然発酵します。この期間は2週間から4週間が目安で、この間に時間を掛け、乳酸菌が活発に活動し発酵が進みます。発酵が十分に進んだと判断されたら、天日干しの自然乾燥を経て、最終的に食品として加工されます。メンマを作る場合は、発酵段階で自然に乳酸菌が増殖するので、ヨーグルトのように意図的に加えられるケースは稀です。その点ヨーグルトとは違うので、手作りヨーグルトのような作り方を想像すると肩透かしを食らったり、乳酸菌を持つ発酵食品とは思えないのが面白い所です。製造過程で乳酸菌は加えませんが、発酵期間が長く設けられているので、食した時に得られる効果は安定しています。整腸作用や美容効果は、乳酸菌食品の気になる特徴ですが、メンマも十分に備えているので安心です。自然に育つ乳酸菌は強く、食べる人の腸に届くまで生き残るので、まさに効果に期待出来る乳酸菌食品の一つに加えられます。乳酸菌が育った後は、蒸煮の過程で再び水分が戻され、この段階で適度な柔らかさが増します。特有の食感は製造時に作られた物ですが、乳酸菌を含む微かな酸味は、自然に熟成される段階で味が付きます。最後は調味の味付けと相まって、他にはない独特の味わいが生まれ、生きた乳酸菌を持つ健康効果に結び付きます。

 

乳酸菌食品のメンマに含まれる菌類

乳酸菌と一口にいっても、実際はその種類や数はとても多く、体に与える影響の特徴も様々です。メンマに含まれている乳酸菌は、沢庵に含まれている物と同じで、他にもピクルスやキムチと共通しています。日本では一般的に馴染みは薄いですが、ドイツ料理であるキャベツの漬物にも含まれているので、日本以外でも世界的に摂られている乳酸菌だと分かります。例えば、乳酸菌食品の沢庵で確認されている効果は、健康に役立つ有益な菌の数を一定に保ち、お腹の調子を整えてくれる点にあります。具体的には、栄養の消化吸収不良が改善されたり、下痢や便秘の症状が良くなる変化にも期待出来ます。腸内の状態は、時にガン等の病気の発病リスクを上昇させますが、乳酸菌を含む発酵食品はリスクを下げる効果を高めてくれるでしょう。加えて、脳の血流改善や精神の安定化に働く作用であったり、脂肪燃焼や肌の新陳代謝のアップも現れます。食べ過ぎは禁物ですが、食欲を高める作用もありますから、気温や体調等で食が進まない人にも適しています。副次的には、血圧を下げる効果も認められているので、血管や血流に心配がある場合にも試す価値があります。メンマの乳酸菌は、胃を通過する際に胃酸が潜り抜けられますから、腸に届く強さがあるのが長所です。効果は期待値だけではなく、実際に腸に届いて発揮してこそ意味があるので、生きて届く乳酸菌には美容と健康に役立つ期待感があります。

 

美味しく健康的に食べられるメンマの選び方

メンマは筍から作られているので、4月から5月にかけて安くなるのが特徴です。健康効果に期待する時は、習慣的に食べることが肝心なので、価格の安いタイミングよりも続けやすい条件を念頭に選ぶことが重要です。大きい物と小さい物、これは選ぶ際に迷いがちな条件ですが、基本的には大きい方を選べば問題ありません。ただし、鮮度は新しい物の方が有利なので、食べ切れない場合は購入する量を工夫することが不可欠です。筍は元々、皮が厚く食べられる実の部分が少ない物ですが、メンマは小さく加工されているので、元の大きさはあまり関係ないでしょう。それでも、消費量によっては使い辛くなるので、食べるペースに合わせて選択することがポイントです。消費量が多く一気に食べてしまう場合は、大容量のお徳用が優れた費用対効果に繋がります。逆に、食が細くそれ程食べられない人は、小分けになっている方が鮮度的に有利です。手間を惜しまない場合は、大容量を小分けの袋に分けて、それぞれ冷凍しておくと使いやすくなります。注意点としては、一度冷凍すると鮮度が落ちてしまうので、何度も解凍したり再冷凍を繰り返さないことです。冷凍や解凍以外でも、加熱等の加工を加えれば栄養成分に影響しますから、なるべく購入してからそのままに近い状態で食べるのが理想的です。店頭では、原材料や成分表に目を向けて、原産国や加工地も確認すると良いでしょう。添加剤は少な目が健康的ですから、気になる成分は事前に確認を行い、入っていたり多く使われていないかチェックするのも選び方のコツです。

 

知る程面白く興味が惹かれる食材

製造過程を知ると、乳酸菌食品の分類に納得出来ますし、食品として優れていることが理解可能です。同じ成分を持つ食品は、既に健康や美容面で認知されていますから、新たに期待出来る食品の選択肢に加わります。筍料理は色々とありますが、メンマに加工されると一転して、食べられる機会が減ってしまいまうのが欠点です。理由は幾つか存在しますが、一つは独特の味が付いていること、そして二つ目には食感が挙げられるでしょう。これらの特徴は、料理に使う際の柔軟性を下げてしまうので、調理を前提に選ぶのは難しいと思われがちです。食材の魅力に気が付いている人達は、工夫して調理に採り入れていますから、料理に使えるレシピは決して少なくありません。むしろそのまま食べても、子供のおやつであったりお酒のつまみにもなるので、料理が苦手な人でも気軽に食べられる食材としておすすめです。発酵食品の効果は、鮮度が良好な程発揮されますから、新しい物を手に取り選ぶことが肝心です。その際は、保存料や着色料といった添加物で悩まずに済む、信頼出来る加工業者の物を選びましょう。保存は冷蔵庫が原則ですが、食べ切れない時は小分けにして、冷凍保存するのも一つの方法です。食べる時は使う分だけを取り出し、一度解凍したら食べ切ってしまう必要があります。再冷凍は、風味ばかりか栄養素の質まで低下させてしまいますから、品質的には冷蔵保存が一番で、冷凍は冷蔵出来ない場合の保存方法となります。

 

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.