発酵食材のピクルスには植物性の乳酸菌が豊富で健康に様々な効果あり | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 発酵食材のピクルスには植物性の乳酸菌が豊富で健康に様々な効果あり

発酵食材のピクルスには植物性の乳酸菌が豊富で健康に様々な効果あり

乳酸菌の持っている働きと含まれている食材

 

乳酸菌は、腸の中に取り入れることによって善玉菌の餌となって活用されます。その結果として善玉菌を活性化させる働きを思っており、悪玉コレステロールを取り除いて健康にしてくれる働きがあります。ですので、乳酸菌を使用した飲料や食品は多くの人々に支持されて現在に至っています。ただ、乳酸菌を使用した飲料や食品は甘いものも多いという特徴もあります。甘いのが好きであれば、特に問題はないといえるでしょう。ただ、乳酸菌飲料やヨーグルトなどを好まない人にとってはあまり適さないこともあります。その場合、乳酸菌を摂ることができる食品をどこかで代用する必要があります。乳酸菌を含む食材として知られているのが、味噌や漬物などです。どちらも日本人にとってなじみのふかい食材の一つといえます。そして、もう一つの代表的な乳酸菌を含む食材として知られているのがピクルスです。この食材は、簡単に書くと西洋の漬物のような存在といえます。欧米諸国においては、古来から保存食として活用され親しまれる発酵食品の一つです。また、自分でも発酵させることで比較的手軽につくることができる食材でもあります。摂取することによって健康を良くする様々な効果があることが分かっています。日本人にとってはそこまで馴染みがないほうともいえる食材でもありますが、色々な事を知っておいたうえで積極的に摂取することによって身体をより良くしやすい食材といえますので覚えておくようにしましょう。

 

ピクルスに乳酸菌が含まれる理由について

ピクルスにはどうして乳酸菌が含まれているのかというと、それには製造過程が大きく関係しています。作り方としては、まずそのもととなる食材を用意します。とはいっても、ほとんどの野菜が該当しますので、そこまで難しく考える必要はありません。主に、ポピュラーとされるのはきゅうりで、ほかにもいろいろな野菜類を使います。よく日本の漬物と比較される食材ですが、日本の漬物との違いはこちらのほうは漬け汁に香辛料を多く使用するという点ではっきりと違っています。主にローリエ・シナモン・セージ・カルダモン・コリアンダー・唐辛子・コショウ・しょうが・にんにくなどが使用されます。使用する器具については酸に強いものを使うことが前提です。ステンレス製や耐熱ガラス製のものが向いています。玉じゃくしについてはステンレス製のものが使います。保存容器は酸に強くて密閉できるタイプの入れ物が良いでしょう。ピクルス液の材料をステンレスなどでできた鍋に入れてから沸騰させます。それから中火にして、約10分間煮詰め冷まします。液の部分の味については使用する酢、砂糖の加減、スパイスで決まる点を留意します。使用する酢についてはワインビネガーやりんご酢などが良いでしょう。香辛料については自分でもためしてみます。きゅうりの場合は、あらかじめ切っておくなどをしてから漬けておくことできゅうりの浅漬けとなります。そこまで終わったら、冷蔵庫で発酵させることによって乳酸菌が豊富に発生します。これがピクルスに乳酸菌が含まれる理由です。

 

植物性の乳酸菌が豊富です

ピクルスの中に含まれる乳酸菌は、植物性の乳酸菌です。乳酸菌にもいくつかの種類があり、特性にも違いがあります。ただ乳酸菌が共通している特性としては死んだ菌であっても腸内環境を良くする効果を発揮しますが、生きて腸に届くことによってより効果的に作用します。そして、植物性の乳酸菌はそのほとんどが生きて腸に届いて作用することが分かっています。生きている乳酸菌は、善玉菌の活性化に効果的であり腸内環境をより良いものに改善してくれます。その結果として新陳代謝を良くして老化の防止などにつなげることができます。それから、免疫機能がアップして病気にかかりにくくする効果やアレルギーの改善効果などもあります。ですので、植物性の乳酸菌を含むピクルスは健康に様々な効果をもたらすとても良い発酵食材ということがいえます。ただ、ネックとしては酢や香辛料などを多く使っているため酸っぱく感じることもあるという点です。欧米人は酸っぱいものなどを好む部分もありますので、欧米人が好むピクルスは多くあります。ただ、日本人の場合においては自分につくるときにはあくまで日本人が好むような感じのピクルスを作ったほうが良いでしょう。ただ、最近では市販でも販売されておりピクルス液は手軽にスーパーで入手することもできるようになっています。自分で作る自信があんまりなかったり、手軽に食べておきたいという人にとっては市販されているものを食べておいたほうが良い場合もあります。

 

市販のピクルス液の選び方

 

それでは、市販されているピクルス液をどう選ぶようにすると効率的に乳酸菌を摂取するできおいしく感じられるかについてですが、日本国内で買う場合においてはあまり深く考えなくてもいい場合が多いです。選び方としては、安全性が整っているものを選ぶことについては当然といえるでしょう。ただ、日本国内の場合は市販のものであればほとんどつくっているメーカーが安全性に配慮されている商品ばかりがありますのでまず問題はありません。そして手軽につくることができるという点も人気の理由として挙げられます。市販のものを使用して料理を行うと、30分くらい冷蔵庫に入れて漬けておくだけで簡単にできるため人気があります。味のほうもかなり良いという評判がありますので、市販のものを選んでおいても何の問題もありません。どのような酢をベースにしておくかについてですが、こちらはお好み次第といえるでしょう。そのままでもおいしいですし、香辛料などのひと手間については自分で工夫してみるだけでも美味しくできあがります。自由度の高さが人気があり、工夫すればするほどに奥が深くなるところもいいところといえます。さまざまな料理のレシピサイトで使われていますので、色々と自分なりに工夫をするのも良いでしょう。ただ、日本人に向いているような味や食事の他の組み合わせについても意識しておくことが強いていえば選ぶ際のときのポイントといえます。

 

菌の繁殖を抑えることが長期保存には大事

ピクルスは長期保存ができる発酵食材というイメージではみられがちです。確かに、この発酵食品は簡単に長期保存することができます。ただ、もしも長期保存をするのであれば雑菌の繁殖を抑えるということが前提となっています。新鮮な野菜と同様にピクルスを長期保存する場合においてもきちんとした処理を施すことが求められます。そうしなければ腐敗や細菌が容易に発生しまい、最悪の場合には食中毒の原因になってしまうことも考えられますので注意しましょう。殺菌の仕方についてですが、一番簡単なのは野菜の煮沸殺菌です。茹でて熱を通した後に殺菌処理を行うようにします。その後、空気中の落下菌を防ぐ為にトレイなどに野菜をいれラップをしておきます。そうすると、長期保存がしやすくなります。酢は雑菌を抑える働きのほうに優れていますが、菌を殺すほうはあまり優れていません。ただ、煮沸をすることによって長期保存しやすくなり、おいしく食べることができます。また、意外と見過ごされがちでもありますが忘れずに瓶などと言った保存容器の煮沸殺菌についても行うようにしましょう。最後の手順としては、瓶の中の空気を真空に近い状態にすると細菌の繁殖を防ぐことができます。これを脱気と呼びます。まず、煮沸した保存容器をお湯から取り出して5分ほど冷ましてからキャップやフタを少し緩ませます。空気が抜ける音がしたらすぐ閉めます。脱気にかける時間については約0.5秒程度のごく短い時間です。これで真空に近い状態になります。保存容器はとても熱いので手袋を着用しましょう。脱気の際にはピクルス液が水蒸気となって瓶に付着しています。そのため、しっかりと拭き取って冷蔵庫に保存します。以上の行程をしっかりと行うことにより、簡単にでき長く楽しんで食べることが可能です。

 

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.