発酵食品のザワークラウトは、乳酸菌の効果が抜群です | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 発酵食品のザワークラウトは、乳酸菌の効果が抜群です

発酵食品のザワークラウトは、乳酸菌の効果が抜群です

発酵食品のザワークラウトの正体は?

フランスやドイツなどの北欧で、昔から今に至るまで変わる事のないザワークラウトは、子供から大人まで誰もが食する、国民食とも言えるキャベツの漬物です。特に肉料理などが多い地域には、ビタミンを多く含むザワークラウトが欠かせず、キャベツの消化酵素の力により消化を助け、乳酸菌の働きによって、腸内環境を良くしてくれる、効果抜群な発酵食品です。遠い昔、長い航海をする船乗り達は、長い時間保存可能なザワークラウトを船に積み、ビタミンの補給の意味でも大事に食べていました。今ほど食品の流通網が盛んではない当時、瓶詰にして船に積んでいつでも食べられるザワークラウトは、体調管理にも大いに役立っていたに違いありません。特に保存中に発酵が進む事によって、多くの乳酸菌が活躍してくれるので、菌の宝庫とも言えるでしょう。乳酸菌と言えば、多くの人は乳製品のヨーグルトなどを思い浮かべるでしょうが、乳酸菌は色々な発酵食品にも含まれています。日本の漬物であるぬか漬け、韓国の漬物のキムチも、乳酸菌の働きで美味しい漬物になってくれるのです。同じような原理で、北欧の漬物であるザワークラウトもたっぷりと乳酸菌を含み、発酵しながら美味しさと栄養価をアップさせて、食べる人の腸に良い善玉菌を送り込み、身体に良い影響を与えてくれます。漬物における菌の威力は絶大で、昔からの知恵とも言うべき方法で作られ、今の時代の健康管理にも役立っています。

 

ザワークラウトはどうして酸味があるの?

ザワークラウトは、キャベツを千切りにして、塩を加えてよく揉みます。そこに、ローリエの葉や、キャラウェイシードや胡椒などの香辛料を入れて混ぜ、瓶などの密閉容器にしっかりと詰め込み保存します。初めの数日は常温で保存し、中身が十分に発酵してきたら、冷蔵庫に入れて保存します。最初に常温で置いておくのは、少し高めの温度で、乳酸菌の発酵を促すためです。ただし、そのままにしておくと、発酵し過ぎて酸味が強くなりますから、自分好みの酸っぱさで調整し、後は冷蔵庫で保存するのがベストです。この製造の過程でも分かるように、材料は難しい物は使っていません。どこにでもある食材です。それが、密閉された容器の中で乳酸菌が働き出し、熟成されて酸味と旨味が生まれます。それぞれの家庭の味があるように、香辛料などの量によって多少違いはありますが、基本的な作り方と、乳酸菌の発酵には違いはありません。最近は、日本のレストランでも、ザワークラウトを見かける事が多くなりましたが、店によっては、日本人の口に合うようにお酢を入れて酸味を出している所もあります。お酢で作られた物も、付け合せとしては美味しいですが、ここはやはり本場ヨーロッパの昔ながらの製法で、乳酸菌の力を借りて作られた物をオススメします。発酵食品というからには、しっかりとその恩恵に預かりたいので、少しだけ気に留めておきましょう。ザワークラウトは乳酸菌によって作られるのです。

 

発酵された植物性乳酸菌の凄さ

それでは実際に、ザワークラウトに含まれている乳酸菌とは一体どのような働きをしてくれるのでしょうか。乳酸菌といえば、ヨーグルトが一般的に知られていますが、これは、動物性の乳酸菌です。もちろん、この乳酸菌も効果はとても高く、菌の種類によってヨーグルトを食べ分けたりして、健康の為に食べている人も数多くいます。このヨーグルトに含まれる動物性とは違い、ザワークラウトの乳酸菌は、植物性の菌です。種類としては、ラクトバチルスプレビス、ラクトバチルスプランタラムと言われている菌で、これは、日本人の身体には吸収されやすいとも言われており、胃酸に強く、生きたまま腸にまでしっかり届いて効果を発揮し、腸内環境を正常化してくれる頼もしい味方です。容器の中で保存されながら、しっかりと発酵して力を蓄えているので、乳酸菌の生命力さえ感じます。容器から出して食べてみた時に、酸っぱい、と思ったらそれは、乳酸菌が頑張ってくれた証拠です。そして製造過程において、キャベツに熱を加えていないので、ビタミンCはそのままキープされて、腸だけではなくお肌にも良い影響を与えてくれるので、女性にとっても嬉しい食品です。今は菌活と言われるくらい、腸の健康に気を遣われています。それだけに、この手軽で長時間保存可能な美味しい、栄養が詰まった乳酸菌いっぱいのザワークラウトは理想的なものかもしれません。実際にキャベツによる胃の粘膜保護に、消化吸収を助け、食物繊維もしっかりと摂取出来るので、食べる薬と言っても過言ではないでしょう。

 

手作りが大変ならば、お店で購入してみよう

ザワークラウトの乳酸菌の凄さを理解したら、今度は実際に食べてもらいたいのですが、いくら簡単な材料でも、作るのに自信がない人、上手に発酵出来ずに失敗してしまった人、作る時間が無い人など手作りするのが難しい事もあります。そのような場合は、市販の物を購入してみてはどうでしょう。昔はスーパーで見かける事はあまり無かったものですが、最近は多くの食材を取り扱うお店も増えて、さらに、輸入製品なども多く見受けられます。特に、本場のヨーロッパ産の物を実際に食べてみるのは、本場の味を知る意味でも有意義な事です。輸入品でも、含まれている香辛料などによって、香りに違いがあったり、塩のバランスなどもメーカーによっては多少変わってるので、好みの味を探してみるのも楽しいです。出来れば、お酢で酸味を出している物より、自然発酵の乳酸菌が含まれるタイプを試してみてください。あるいは両方を試して、その違いを比べても面白いかもしれません。店頭で購入するという事は、色々な種類を試す事が出来るという利点があります。ネットでも多くの商品が通販で手に入りますので、それこそ迷ってしまうでしょう。実際に食べてみて、美味しいと感じる商品が、自分の身体に合って効果的であるとも言えます。不味いと思って食べる事は、身体にとって良い影響を与えるとは思えません。口に合う美味しい乳酸菌タイプを選んで、毎日の食事に取り入れてみましょう。

 

美味しく食べて乳酸菌を身体に取り入れよう

そのまま食べてももちろん美味しく頂けますが、毎日の食事に同じ様に出てきたら、飽きてしまうかもしれません。いくら身体に良くても、飽きて続けられなければ、せっかくの乳酸菌の効果も得られません。菌は長く身体に取り入れる事で働きを良くします。一度や二度食べただけで満足しないように、毎日続けて食べられるように、少し工夫をしてみましょう。よくある食べ方は、ソーセージの盛り合わせに添える事ですが、これ以外にも美味しく頂ける方法はあります。例えば、肉の煮込み料理に一緒に入れて煮込む事で、酸味が柔らかくなり美味しい肉料理になります。カレーなどの付け合せとしても美味しいですが、オリーブオイルを少量混ぜて、マリネ風にする事で、料理に色々と使えます。白身魚をカリッと油で揚げて、トッピングとしてのせれば、白身魚のマリネになります。豚肉を生姜ベースのタレに漬け込んで、片栗粉をつけて揚げた物にマリネの具をのせて、醤油を少々足すと、和風でありながら洋風でもある豚肉のキャベツマリネになります。また細かく切って、サーモンやクリームチーズと合わせ、レモンを絞れば、さっぱりとしながらもコクのあるサラダが出来上がります。このように多くの料理に応用出来れば、毎日食べるのも楽しくなってきませんか。美味しく食べて、身体に効果的な菌をたっぷり取り入れて、胃腸やお肌に効果を発揮してくれるザワークラウトは、日本人にこそオススメしたい発酵食品なのです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.