インフルエンザの予防、改善に注目される乳酸菌のパワー | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > インフルエンザの予防、改善に注目される乳酸菌のパワー

インフルエンザの予防、改善に注目される乳酸菌のパワー

免疫効果と腸内環境を整える力

私達の体内に風邪、インフルエンザなどのウィルスが侵入した時に、攻撃して守ってくれるものが免疫細胞であるナチュラルキラー細胞です。ウィルス感染細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞など免疫細胞を活発にすると、インフルエンザの予防効果や改善効果が高まります。
これら免疫細胞の60~70%が、腸内に存在しています。免疫細胞を活性化させるためには、腸内環境を整える善玉菌を増やすことが必要です。そのためには、乳酸菌がかかせません。
インフルエンザなどの原因には体内の抵抗力を奪うものの一つに、活性酸素があります。この害をおよぼす活性酸素を減少させる働きが、乳酸菌のもっている力です。活性酸素が減少するため、インフルエンザをはじめ様々な病気、老化にとても重要な役割を果たす菌です。

インフルエンザ改善効果の乳酸菌とは

乳酸菌には整腸作用と免疫力の活発化があるため、インフルエンザを改善するカギになります。乳酸菌のすごいところは生きて腸に届かなくても、生菌、死菌に左右されず効果が高いところです。乳酸菌の中には加熱処理して殺菌すると、生菌よりも数倍免疫力が高まることがわかっています。
クレモリス菌FC株という乳酸菌は、独特の粘りのあるもので体内で分解されずに腸まで届いて、血糖値の抑制、免疫力の活発化などの効果があります。
ラクトバチルス.アシドフィルス.L-92株で通称L-92乳酸菌は、アレルギー症状を抑える効果がわかっていました。近年免疫力の強化で、インフルエンザの予防に大きな期待を集めています。そのためこれら配合のヨーグルト、乳酸菌飲料、サプリメントがたくさん出揃っています。

まだまだある改善効果の乳酸菌

腸内の善玉菌を活発にしてナチュラルキラー細胞がウィルス感染細胞を攻撃し、発症リスクを低減する乳酸菌はまだまだあります。
定番のR-1乳酸菌は人間に一番近いものの一つです。免疫細胞を高める白血球を、活発にする力をもっています。ウィルスに強い身体づくりにかかせません。
プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔であるプラズマサイトイド樹状細胞を直接活発化させることで、ウィルス感染を防ぐことができます。
ラブレ菌は腸内のリンパ球を刺激してインターフェロンaという成分を作り、ナチュラルキラー細胞の働きを高めます。
LGG乳酸菌は腸内に長くとどまることで、悪玉菌を減少させて腸内環境を整えてくれます。そのため持続性乳酸菌とよばれ、腸に付着することでインフルエンザの予防、改善に役立ちます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.