つらいアトピーの症状には乳酸菌の摂取と保湿で対抗する | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > つらいアトピーの症状には乳酸菌の摂取と保湿で対抗する

つらいアトピーの症状には乳酸菌の摂取と保湿で対抗する

乳酸菌でアトピー対策

 

アトピーなどのアレルギーは、免疫システムが上手く機能しないことで症状が出ます。免疫力をアップさせるには、免疫細胞の7割を持っている腸を整えることが重要です。
アトピーが起こりやすい人は様々なアレルギーにかかりやすく、特に子供の頃に発症しやすいです。アトピーが起こる原因ははっきりわかっていませんが、原因の一つとして考えられているのがIgE抗体です。
IgE抗体はウィルスや細菌などの異物の侵入を防いでくれる物質ですが、増えすぎたり過剰反応すると炎症や赤み、湿疹などを引き起こす原因になります。
乳酸菌の摂取でアトピー対策ができると言われているのは、善玉菌を増やして腸内環境を整える作用により、免疫細胞のIgE抗体の生産量をコントロールすることに繋がるからです。

日頃の対策には乳酸菌と保湿

 

アトピー対策で欠かせないのが、免疫を正常に保つことと、保湿です。
保湿が大切なのは、肌バリアが弱くなっているところに、さらなる刺激を与えないためです。角質の上の皮脂膜が正常ではないと、角質が外部からの刺激からダメージを受けて、さらに炎症などの反応が起こってしまいます。アトピーの人は肌が乾燥しやすく、外部からの肌バリアが弱いことが多いので、保湿は重要です。お風呂上がりに肌に刺激を与えない刺激の弱いホホバオイルなどを塗っておくと保湿になります。
さらに、内部からの対策として乳酸菌を摂取して腸内環境を整えておきましょう。乳酸菌を含む食品には、味噌や醤油、漬物など日本人におなじみの食品があります。他にチーズやヨーグルト、ワインや日本酒にも含まれています。

善玉菌を効果的に増やすには

 

お手頃に善玉菌を増やすならば、乳酸菌がたっぷり入ったヨーグルトと、乳酸菌の餌になるオリゴ糖が含まれているバナナを一緒に食べるといいでしょう。乳酸菌の摂取だけではなく、さらに増やす組み合わせを覚えておくといいです。
乳酸菌は人によって合う合わないがあるので、もし摂取し続けてみてお腹の調子が改善しないようであれば、他の組み合わせに切り替えた方がいいです。
色々と組み合わせを考えるのが面倒ならば、アレルギー対策に使える成分が配合された乳酸菌サプリもあるので、それを利用してみてもいいでしょう。
忙しい人や偏食の人だと、十分に乳酸菌が摂取できていない可能性があるので、サプリの利用はオススメです。
外側から保湿でバリアを張り、内側から免疫力を正常化させアトピー対策しましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.