アトピーに良いといわれる乳酸菌で悪化するリスクについて知る | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > アトピーに良いといわれる乳酸菌で悪化するリスクについて知る

アトピーに良いといわれる乳酸菌で悪化するリスクについて知る

相性の悪い乳酸菌が存在する?

 

乳酸菌はアレルギー症状に良いとされますので、アトピー対策として注目されていますが、悪化の関連性についても考慮しなければなりません。
まず、ビオチンが少なくなるリスクについてです。ビオチンはアレルギー症状を抑える性質を持っていますが、乳酸菌の中にはビオチンを減少させてしまう作用を持つものが存在します。
ヨーグルトは手軽に乳酸菌を摂取できる食品ではあるものの、乳製品に含まれるタンパク質がアレルギー症状を引き起こすことはよく知られており、知らずにアトピーを悪化させる原因なっている恐れがあります。
乳製品を摂取するとお腹がゆるくなる人がいますが、乳糖不耐症という体質が原因です。このような体質の人は乳製品を摂取すると胃腸に負担をかけてしまい、アレルギー症状に悪い影響を及ぼします。

腸内改善だけでは効果が出ないことも

 

アトピーが悪化するなど、心配な面を持っている乳酸菌ですが、基本的にはおすすめできる存在です。
乳酸菌を摂取することにより、腸内の善玉菌を増やすことができます。アレルギー症状の原因として腸内の悪玉菌が増えるのが一つとして考えられていますが、増えすぎた悪玉菌を抑えるのが善玉菌の役目です。
様々な原因で善玉菌が減少した腸内に、積極的に乳酸菌を届けてあげることで、善玉菌が増えるきっかけを与えることができ、腸内環境が良くなります。腸の調子が良くなれば免疫力が高まりますから、アトピー予防に貢献してくれます。
とはいえ、アレルギー症状は腸内環境を整えるだけでは対策できないのも事実です。この方法ばかりに頼っていると、症状が悪化するリスクがありますので、乳酸菌以外の方法にも頼りましょう。

体調に合わなければやめよう

 

大切なことは、乳酸菌を摂取してアトピーの症状が悪化するなら、直ちに摂取をやめることです。続けているとますます悪くなりますので、必ず守ってください。ヨーグルトに限らず、他の乳酸菌入りの食品やサプリメントも同様の対処をしましょう。
最も重要なのが、病院の治療です。アトピーの治療薬を渡されているなら、医者の説明通りにきちんと治療薬を使ってください。乳酸菌を摂取していれば治療薬が不要になるわけではありません。治療薬をしっかり使えば肌の強い痒みや炎症を抑えられます。肌の調子が整ったところで、乳酸菌入りの食品を取り入れるなどすれば、効率良くアトピーを改善することができます。
乳酸菌との相性が悪ければ、他の食品にも目を向けましょう。アレルギーの原因になりやすい食品を控えつつ、バランスよく食事を楽しむことが大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.