乳酸菌はアトピーの改善にどのような効果を発揮するか | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌はアトピーの改善にどのような効果を発揮するか

乳酸菌はアトピーの改善にどのような効果を発揮するか

アトピーの原因は免疫細胞のバランス

 

アトピー性皮膚炎は親からの遺伝に加え、生活習慣や住む場所などが関係すると言われています。しかし総じて言えるのは、患者の腸内が弱いことです。改善のために部屋を掃除したりカビを取り除いたり、皮膚を清潔にすること、保湿することも対処の方法として挙げられますが、あくまで対処であって根本を治療することにはなりません。
そもそもアレルギーは免疫機能の異常によって引き起こされやすい状態になります。免疫は体の外からやってくる有害な物質に対抗するものですが、わたしたちの体のTh1(感染予防因子)とTh2(アレルギー予防因子)細胞がバランスを取り合いながら機能しています。しかしバランスが崩れた状態でアレルギー因子が体内に侵入してくると、Th2細胞が異常に働き、それがアレルギー反応として出てきてしまうのです。しかし乳酸菌の働きがこのバランスを保つ助けになります。

アトピーの改善に役立つヨーグルト

 

最近では免疫細胞がバランスを取るのに有効な働きをする乳酸菌があることが分かっています。科学的根拠に基づいて生産されている商品もあり、実際に効果があったといわれています。
まずはメイトーの「ビフィズス菌LKM512」という商品です。成人型アトピー性皮膚炎患者に効果があると言われ、見た目とかゆみが改善されたとしてヨーロッパのアトピー学会誌にも研究結果が発表されました。
次にカスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリス菌FC株という乳酸菌です。日本農芸化学会日本食品科学工学会では、カスピ海ヨーグルトに含まれる粘り成分によってアレルギーの炎症細胞の数が減少し、免疫物質の量を増加させることが発表されました。また皮膚の肥厚化や血中IgEも抑えられることが発表されています。
このようなアトピーのに役立つ乳酸菌を含んだヨーグルトを摂取することによっても改善することができます。

サプリメントでも乳酸菌を摂取できる

 

サプリメントとして摂取しやすいのがアシドフィルス菌L-92株と言われる乳酸菌で、カルピス社が開発した「アレルケアL-92乳酸菌」という商品です。この商品は「アレルギー物質27品目フリー」というのが特徴です。アレルギー体質ですと食品に対する食物アレルギーを持っている人も多いものです。牛乳に対するアレルギーがある人はヨーグルトやサプリメントで乳酸菌を摂取するのも難しいでしょう。しかしL-92乳酸菌は牛乳アレルギーがあっても安心して摂ることができるのです。
研究結果によると、摂取から4週間ほどで皮膚の症状が緩和され、その90パーセントが薬の使用量を減らすことができたと報告されています。またアレルギー反応を促す血液中の過剰な白血球の数が低下したことも報告されています。
このように症状の改善のために有効な乳酸菌を摂取することで体内から治していくことができます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.