即効性のある乳酸菌、種類の一例。生きて届く菌は役立つ。 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 即効性のある乳酸菌、種類の一例。生きて届く菌は役立つ。

即効性のある乳酸菌、種類の一例。生きて届く菌は役立つ。

乳酸菌、身体に対する反応

 

乳酸菌とは糖質を分解して、多くの乳酸を作り出す微生物の総称を指します。種類としては数百種類にも及びますが、代表的な菌はビフィズス菌、フェカリス菌、LG21乳酸菌といったものが挙げられます。基本的には乳酸菌は穏やかに、腸ならびに身体に作用しますから、即効性のある菌は少ないと判断が出来ます。しかし、個人差がありますから、通常のヨーグルトやサプリメントを口にして、数時間で腸が良い反応を示す事もあります。ビフィズス菌自体は熱に弱く体内に取り込まれた時には、胃液が原因で、ほとんど死滅しています。実際に乳酸菌が腸に届くのはわずかですから、注意したいポイントになります。即効性を狙いたいならば、生きて腸に届く乳酸菌をたくさん補給する事で、効果は素早くあらわれやすくなります。

生きて腸まで届く乳酸菌

 

生きて腸まで届く乳酸菌は少ないという事実を指摘出来ますが、全く存在しない訳ではないのです。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は熱や胃酸にとても弱いですが、乳酸菌シロタ株という菌は胃酸に強く、生きて腸に届く菌がとても多いのです。ですから、即効性を求めているならば、熱や胃酸に強いシロタ株を多く摂る事で、極力、短時間で結果を出せる可能性が出てきます。数多い乳酸菌の種類の中から、胃酸に強いシロタ株は珍しい方と言えます。因みにシロタ株を用いている大手のメーカーは乳製品にシロタ株を配合して販売しているのです。他にも生きて届く菌を挙げるならば、キムチに含まれている乳酸菌が挙げられます。キムチに含まれている菌は、シロタ株ほどではないですが、胃酸に強い方と言えます。

ヨーグルトとキムチ、どちらが良いか

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸にまで届く菌が少ないと、先に挙げましたが、菌以外にもメリットはあります。発酵されていますから、タンパク質やミネラルが分解され、吸収されやすくなっています。ですから、腸の調子が整っている状態で、腸の健康を維持したいならば、通常のヨーグルトでも問題ないのです。しかし、乳酸菌が足りないと感じるならばオリゴ糖を入れて、ビフィズス菌を繁殖させると良いのです。因みにキムチはヨーグルトよりも強い乳酸菌を含んでおり、数多い種類の中でも珍しく、即効性はある方です。どちらもメリットはありますから、食事に合わせて両方とも食べるのも良いのです。最後に、余談ですが、キムチに即効性がある理由のひとつには、トウガラシも関わっています。少し珍しい種類のキムチの乳酸菌は、刺激にも強いのです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.