数ある乳酸菌の種類とそれぞれが体内に与える効果について | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 数ある乳酸菌の種類とそれぞれが体内に与える効果について

数ある乳酸菌の種類とそれぞれが体内に与える効果について

そもそも乳酸菌とは何なのか

 

まず初めに乳酸菌とは、いったい何なのかについてお伝えをしていきます。乳酸菌とは糖を分解して乳酸を生成する微生物のことで、これらの微生物をまとめて乳酸菌と呼んでいます。人間の体内には数多くの種類の乳酸菌が存在していると言われていますが、中でも善玉菌と呼ばれる菌は腸内環境を整えてくれる役割を果たします。また人間の体内以外にも生息をしていて納豆やチーズ、ヨーグルト、漬物といった発酵食品にも存在していることが分かっています。乳酸菌を作り出す微生物は他にも存在しているのですが、糖を分解して作り出される代謝物のうち50%以上を乳酸菌が占めているんです。よく耳にするビフィズス菌は体内での働きが似ていることから乳酸菌とひとまとめにされることが多いですが、代謝物の50%が乳酸ではない為、乳酸菌ではありません。

乳酸菌の種類と特徴とは

 

乳酸菌は生物学的な分類をすると200種類以上はあると言われていますが、中々一般の方にはイメージがわきにくいので、ここでは由来によって3種類に分けてご紹介をしていきます。まずは植物由来ですが、これは漬物や味噌、醤油などの植物に由来する環境で生息をしているのですが、生息している環境が塩分が多かったり、他の微生物が生息しているなどの過酷な環境下で生きている為、体内にしっかりと届き働いてくれると期待されています。次に動物性由来ですが、ヨーグルトやチーズなどに存在していると言われていて、分解できるのは主に問うだけとなっている為、限られた環境でしか生きられないと言われています。その為、植物性よりも体内に届きにくい特徴もあります。最後にヒト由来ですが、ヒトの腸内細菌から有用な乳酸菌を分離して生成、培養したものです。一般的にはサプリメントとして使われています。

体内の取り入れ方とは

 

乳酸菌を体内に取り入れるには、乳酸菌の生息している食べ物を食べれば良いのですが、働く場所や種類によっても働き方が変わってきます。ですので、大切なことは様々な乳酸菌をバランスよく摂取することなのです。また一度に大量に摂取をしたとしても、体内にずっと定着をするわけでもありませんので、毎日摂取することも非常に重要になってきます。とは言っても、数ある食品を毎日バランスよく摂取することは非常に難しいので、そのような場合にはサプリメントで摂取をすると効果的になります。サプリメントであれば毎日摂取することも難しくありませんし、外出先でも手軽に摂取することもできますので、毎日の食事で足りていないと感じるようであれば、是非サプリメントを取り入れてみてはいかがですか。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.