牛乳の糖分で下痢する人は摂取する乳酸菌の種類を変える | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 牛乳の糖分で下痢する人は摂取する乳酸菌の種類を変える

牛乳の糖分で下痢する人は摂取する乳酸菌の種類を変える

下痢を起こしてしまう原因とは

 

乳酸菌入りのヨーグルトには乳酸(ラクトース)が含まれていますが、この乳糖によって下痢を起こす乳糖不耐症の人もいます。そもそも乳糖と呼ばれる糖分は牛乳に含まれており、ヨーグルトが作られる段階で酵素のラクターゼが乳糖をガラクトースとブドウ糖に分解します。そして、ブドウ糖は乳酸菌のごはんとなります。ヨーグルトは乳糖が分解されているので乳糖による下痢を起こす割合はそれほど高くないのですが、牛乳では乳糖が存在しているため体内でラクターゼが分泌されにくい人は下痢を起こしやすいとされます。人間の体内でラクターゼが分泌されるのは小腸ですが、日本人は比較的にラクターゼ分泌量が低い人が多いようです。牛乳の糖分である乳糖は水溶性のため、ちゃんと分解されないと腸内にある浸透圧バランスが崩されます。そうして、下痢という現象が起きます。

植物性由来の種類を選ぶ

 

乳糖不耐症が現れる場合は、牛乳(動物性)由来ではない植物性由来の乳酸菌の摂取をおすすめします。昔の時代から日本人が摂取してきた乳酸菌は、味噌や醤油といった植物由来の材料で作られた食品に含まれています。そのことから、日本人に合う乳酸菌の種類は植物性とされます。植物性乳酸菌は乳糖という糖分が存在していない上に、胃酸に強い性質を持った種類が多いです。胃酸に強いということは腸にまで届く可能性が高いので、ヨーグルトで乳酸菌を摂取できない人は味噌などの日本伝統の乳酸菌食品を食べると良いです。植物性乳酸菌に属する種類の中でも、最も有名なのはラブレ菌です。ラブレ菌は京都のすぐき漬けから発見された特有の乳酸菌で、京都の男性が長生きな理由はこの食品にあるのではないかともいわれています。

摂取の際は塩分量や糖分量に気を付ける

 

日本食で乳酸菌が生きている食品は味噌・醤油・漬物などですが、これらは塩分が多い食品でもあります。日本人は昔から食文化の関係で塩分過多になりやすい傾向にあり、現代ではジャンクフードの普及も盛んになっているため以前より塩分が多い食事が生活環境の中に存在しやすい状況があります。漬物や味噌といった日本の発酵食品を作るためには多量の塩分が必要不可欠なので、作る段階で塩を減らすと乳酸菌量が減ったり雑菌繁殖の原因になります。塩分過多にならないためには、食事で取り入れる量に気を付けることが大事です。摂取量では糖分にも要注意で、糖分の多いヨーグルトや乳酸菌飲料も摂り過ぎに気を付ける必要があります。ヨーグルトの種類にはプレーン・加糖・味付きがありますが、糖分のことを考えるとプレーンがおすすめです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.