糖質を分解する乳酸菌の特徴は、植物性や動物性など種類によっても様々 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 糖質を分解する乳酸菌の特徴は、植物性や動物性など種類によっても様々

糖質を分解する乳酸菌の特徴は、植物性や動物性など種類によっても様々

乳酸菌の働きは糖質を分解すること

 

糖を分解する働きを持っている乳酸菌は、主に乳製品に含まれていますが、人間の腸内にも存在し、様々な効果をもたらします。
乳酸菌と呼ばれるための定義には、糖質を分解した際に産出する代謝物の半分以上が乳酸、通性嫌気性を特徴としている、毒性の物質を産出しない、円柱状かあるいは球状を示しているなどがあります。
また、プロバイオティクスとしての効果を持っていることも、大きな特徴の一つです。プロバイオティクス効果とは、乳酸菌を摂取することで腸内の善玉菌が増加し、腸内に存在する日和見菌や悪玉菌などが相対的に減少するため、腸内バランスが良化し、免疫力がアップすることを言います。
これらは一種類ではなく、植物由来や動物由来のほか、ヒト由来など様々な種類が存在しています。

植物性乳酸菌の種類について

 

植物性の乳酸菌は、200種類以上存在していると言われていますが、動物性が20種類程度とされていることからも、その種類の多さは歴然です。
植物性の乳酸菌には、例えば醤油や味噌、漬物などに多く含まれています。具体的には、ラクトバチルスやラブレ菌、K-1乳酸菌などが該当し、分解できる糖質が多いため生きたまま腸に届きやすいというメリットがあります。
これらは塩分が多いうえに、乳酸菌が活性化される糖質としてブドウ糖やショ糖が含まれていることが理由です。特に日本特有のぬか漬けを作る際に必要とされる糠床には、多量の植物性乳酸菌が含まれていると言われています。
乳酸菌と言えばヨーグルトが代表的な食材となっていますが、日本独自の発酵食品も多くの乳酸菌を含んでいるため、健康維持には最適です。

動物由来やヒト由来の乳酸菌

 

動物性の乳酸菌は主に乳製品に含まれ、牛乳や山羊の乳などが有名です。ヨーグルトはその中でも最も有名な食品ですが、植物性のものとは違い、動物性のものが分解できる糖質は乳糖のみで、生きたまま腸まで届けるには工夫が必要となります。その弱点を改善したものは、プロバイオティクス製品として販売されています。
但し、生きたまま腸まで届かなかったとしても、他の乳酸菌のエサとなるため、効果が著しく落ちることは無いとされています。
このほか、ヒト由来のものとして、シロタ株やフェカリス菌などがあります。特にシロタ株は、どんな環境にも強いことから、効果が出やすいという特徴があります。
これらを使った健康飲料は、日本でも長く飲用されるなど実績もあり、安全面で全く問題ないことが証明されています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.