加熱に耐えられる種類の乳酸菌を選ぶと効果も実感できる | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 加熱に耐えられる種類の乳酸菌を選ぶと効果も実感できる

加熱に耐えられる種類の乳酸菌を選ぶと効果も実感できる

乳酸菌は加熱に弱い!生きている菌との違い

 

腸の中をきれいに大掃除してくれて、腸の本来の働きや動きを取り戻させてくれるのが乳酸菌です。乳酸菌は体の他の部分には負担をかけずない食品である上に、腸をきれいにすることで肌もきれいになる、コレステロールを下げる、便秘解消、アレルギー軽減など多くの効果をもたらしてくれます。そんな乳酸菌にも弱点があり、種類によっては熱に弱く多くが死滅してしまうことです。菌が死んだ状態では効果がなくなってしまうものもあります。しかし、死んだ状態の乳酸菌でも腸内の善玉菌にとっては良いエサになるため、善玉菌が優勢な腸内環境になることは事実です。しかし、乳酸菌自体が動くことはできないのでビタミンB類を合成したりする一部の働きは期待できなくなります。そのため、多くの効果を体感したい場合は生きたままが良いのです。

加熱とは何度からなのか

 

加熱に弱い、死滅してしまうといっても、ある程度の温度までは活発に動いてくれます。だいたい45度を境にして死滅してしまうので、食品の場合は加工の段階で熱を加えて殺菌する必要もあるため、なかなか生の生きたままの乳酸菌を摂取するのは難しいです。しかし、腸内環境を改善するという大きな役割を死んだ状態でも果たしてくれるので、摂らないよりは摂取した方がはるかに腸内にとってはプラスになります。また、加熱と同様に酸にも弱いので、腸にたどり着くまでに胆汁や胃酸にやられてしまうこともあります。つまり乳酸菌を摂取しているつもりでも、実際に腸に届いている量は意識している以下ということもありますので、あらかじめ知っておくと十分な量を摂取できて、効果も実感しやすくなります。

加熱に強い乳酸菌の種類を選ぼう

 

乳酸菌と言ってもたくさんの種類があって、それぞれ得意な作用や特徴も異なります。そこで比較的加熱に強い体制を持つ種類の乳酸菌を摂取すれば、腸まで届く確率が高くなります。乳酸菌を大きく2つに分けると動物性と植物性に分けられます。熱に弱いのは一般的に動物性で、植物性はそこまで加熱に弱くはありません。ですから、大豆や米に含まれる乳酸菌は日本人の体質にもあっており、日常的に摂取できます。また、たとえ動物性であっても、熱に負けないコーティングをしてあるサプリメントなどは腸まで届いてから吸収されますので影響がありません。加工技術が発達しているので、それをうまく活用した製品を選ぶと良いでしょう。また、研究と開発で熱に弱い乳酸菌の種類でも耐熱性に変化させた菌もあるので、いろいろ比較すると良いでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.