乳酸菌の種類と腸内フローラの関係性、改善方法とメリット | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の種類と腸内フローラの関係性、改善方法とメリット

乳酸菌の種類と腸内フローラの関係性、改善方法とメリット

乳酸菌の役割と種類とは?

 

乳酸菌が腸に良いと知っている人はいても、その役割や種類について知っている人は少ないのではないでしょうか。そもそも乳酸菌とは、腸内で乳酸を産出する性質を持っている善玉菌のことをいいます。現在確認されている分だけでもおよそ600種類以上あり、それぞれの種類によって持っている性質も違います。その中でも代表的なものとしては、ラブレ菌やLGG菌、乳酸菌シロタ株などがあり、これらの乳酸菌は腸内環境を整え、便秘や下痢などの症状を改善したり、適切な快便を促す役割などを持っています。また、乳酸菌は植物由来のものと動物由来のもの、そしてヒト由来の3つに大きく分けることができ、それぞれ特徴も違います。これらはどれか一種類だけを摂れば良いというわけではなく、バランス良く摂取することが大切です。

乳酸菌と腸内フローラの関係性

 

人の腸内には善玉菌や悪玉菌などたくさんの細菌が生息しています。これらをまとめて腸内細菌と呼ぶのですが、腸内細菌が腸に生息している姿がまるでお花畑のように見えることから腸内フローラと呼ばれるようになりました。理想的な状態の腸内フローラの細菌の割合は、善玉菌2割、悪玉菌1割、日和見菌7割であり、このバランスを保つことがもっとも良いといわれています。しかし腸内フローラのバランスは食生活の乱れやストレスなどが影響して日々変化し、時には崩れてしまうこともあります。そこで有効なのが乳酸菌です。乳酸菌には悪玉菌の増殖を防ぎ、お腹の調子を整える作用があります。普段の食生活の中で乳酸菌を積極的に摂り、腸内フローラのバランスを整えることでさまざまなメリットが期待できます。

腸内フローラを改善する方法とメリット

 

腸内フローラを改善するには、まず日頃のストレスを軽減させることが大切です。ストレスは便秘などを引き起こすため、腸内で悪玉菌が増える原因にもなってしまいます。もし時間があれば、軽い運動などを取り入れることによって気分転換にもなりますし、腸のぜん動運動も活発になります。そしてその上でヨーグルトやキムチ、納豆などの乳酸菌が多く含まれた発酵食品を普段の食生活にうまく取り入れ、バランス良く食べることがおすすめです。そして腸内フローラを整えることによって便秘が解消されたり、老廃物が排出されると、ダイエット効果や美容効果などの嬉しい効果も期待できます。そのためお腹の調子が良くないことで悩んでいる人は、一度腸内フローラのバランスについて考え、改善を目指してみることがおすすめです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.