乳酸菌は冷え性予防にも大きな効果を持つ成分と言えます | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌は冷え性予防にも大きな効果を持つ成分と言えます

乳酸菌は冷え性予防にも大きな効果を持つ成分と言えます

乳酸菌の特徴について

 

乳酸菌は腸内に存在する善玉菌の一種で、健康に良い多くの効果を持っています。その中でも特に有名なものとしては整腸作用があります。乳酸菌を多く摂取することによって、腸の粘膜が保護される上に腸の蠕動運動が活発になって便秘が解消され、ポリープやがんの原因になるという悪玉菌が生きにくいような腸内環境を作ることが可能になります。さらに乳酸菌にはウィルスやがん細胞を撃退するNK細胞を活性化する働きがあるとも言われていますが、これにより免疫力が高まり、生活習慣病をはじめさまざまな病気を予防する可能性が高まります。さらに内臓脂肪や皮下脂肪の代謝を上げることによって脂肪を減らし、体質を改善して健康的なダイエット効果を上げられます。また、これを摂ることでアレルギーの予防も期待できます。

乳酸菌による冷え性の予防について

 

「冷えは万病のもと」と言われるほど、冷え性は多くの病気や体調不良と関係しており、冷え性になると肩こり、腰痛、頭痛、便通異常など辛い症状が出やすくなります。しかし、乳酸菌の摂取によって、そんな冷え性を予防したり緩和したりすることが可能になります。乳酸菌はそれ自体が大きな働きをする善玉菌ですが、善玉菌のほとんどを占めるビフィズス菌のサポートをするという働きもあります。そのため、乳酸菌を摂ることで腸内では善玉菌が非常に増え、腸内環境が良くなります。さらにこのような状態になった場合は、老廃物の排出もスムーズに行われて血行が改善されることになります。そして、これによって全身の血流が良くなり、健康状態がアップすることで、血行障害と言われる冷え性を予防する可能性が高いと言えます。

乳酸菌を摂るときの注意点

 

このように健康に役立つ乳酸菌には、動物性のものと植物性のものの2種類があり、動物性のものとしてはヨーグルトなどの乳製品、植物性のものとしては味噌や漬物などの発酵食品が挙げられます。乳酸菌は胃酸に触れると死んでしまう場合が多いので、サプリメントも含めて、しっかりと腸に届くようなものを選ぶとより効果が上がります。ただ死菌の場合でも食物繊維に似た働きを持ち、体に悪い物質を排出したりビフィズス菌を増やす効果はあると言われています。また、乳酸菌を摂る場合はオリゴ糖や食物繊維など、乳酸菌のエサとなってこれを増やしてくれるようなものを一緒に摂ることをお勧めします。さらに乳酸菌のサプリではトクホに認定されているようなものもあるので、しっかりと乳酸菌の効果を上げたい場合は、それらを利用することを考えてみるのも良いでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.