乳酸菌を使って体のめぐりを整えてむくみを予防しよう | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌を使って体のめぐりを整えてむくみを予防しよう

乳酸菌を使って体のめぐりを整えてむくみを予防しよう

なぜむくみが出るのか

 

むくみが起こる原因は、体の血流が悪くなることです。なので、特に血液が滞留しやすい、下半身などで生じます。重力の影響で水は下に貯まるようになっていますから、一日中立ちっぱなし状態でいると、滞留しやすくなります。
体液のめぐりが良ければ、心臓に送り込まれるのでむくみは起こりませんが、血液がドロドロ状態だったり、体が冷えているとうまく流れなくなり、むくみが起こってしまいます。
血液やリンパ液などの体液のめぐりが悪くなると、全身の細胞に酸素や栄養素が届けられなくなり、老廃物の回収と排泄の力が低下してしまいます。
むくみは悪循環で、老廃物が溜まるとさらに腸内から老廃物が血液に流れ込んでしまい、血液がドロドロになって流れが悪くなります。
これを予防するには、乳酸菌の摂取により腸内環境の働きを整えることが大切です。

乳酸菌でなぜ腸内環境が整うのか

 

乳酸菌は腸内で毒性物質を出さず、腐敗ではなく発酵させるという特徴があります。体にとって有益な細菌を活用して健康になろうというのが、プロバイオティクスという考え方です。
乳酸菌は善玉菌の一種で、代謝の際に生産する有機酸が腸内を酸性状態にして、悪玉菌を抑制して腸内環境を整えます。これにより、腸内がキレイになることで血液がサラサラになり全身の血液のめぐりが改善されます。
また、お通じが改善されることで余分な水分の排出量も増やすことができます。
むくみの予防のために乳酸菌を摂取するとお腹がスッキリして、同時にリラックス効果も得られます。リラックスさせて幸福感を与えてくれるホルモンであるセロトニンは、9割が腸に存在しているので、乳酸菌を摂取して腸内環境が整うことでセロトニンの量を増やすことができます。

乳酸菌で血液サラサラ&リラックス

 

乳酸菌を摂取するとむくみ予防になるのは、腸内環境が整って血液のめぐりがよくなるからです。さらに、セロトニンが増えることでリラックスし、自律神経の働きが整って体のめぐりが改善されやすくなります。
乳酸菌をむくみ予防のために摂取するならば、継続して摂取することが大切です。1回飲んだだけで予防効果が得られるわけではなく、常に腸の調子を整えることが大切だからです。
食事が不規則で乳酸菌を含んでいる健康的な食品の摂取量が少ないというのであれば、乳酸菌サプリなどを活用してみるといいです。サプリを使うのはいけないことのように言われることがありますが、サプリは薬ではなく食べ物の一種で、栄養士なども不足を補うアイテムとして使うならば問題ないとしています。
無理なく続けられるものを選ぶといいでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.