虫歯を予防するには、歯磨き以外にも乳酸菌の摂取が効果的 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 虫歯を予防するには、歯磨き以外にも乳酸菌の摂取が効果的

虫歯を予防するには、歯磨き以外にも乳酸菌の摂取が効果的

そもそも虫歯はなぜできる?

 

虫歯の痛みは、経験したことのある人にしかわからないものです。虫歯にならないために、ほとんどの人が毎食ごとや就寝前に歯磨きをしています。乳酸菌には、そんな虫歯に対しても予防効果があることがわかってきました。
そもそも虫歯とは、口の中にいるミュータンス菌が関係しています。糖質を摂取すると、ミュータンス菌はこれを餌として歯垢を形成します。歯垢からは酸が産出され、酸が歯の表面を溶かすため、時間をかけて徐々に虫歯に侵されていきます。
このため、虫歯にならないよう予防するには、歯垢が付着して酸が産出される前に、歯磨きによって物理的に口の中を清潔にする必要があります。だからこその歯磨きですが、乳酸菌にも歯磨きと同様の効果があり、効果的に乳酸菌を利用することで予防することが可能となります。

 

なぜ乳酸菌が虫歯に効くの?

 

乳酸菌には、3つの働きがあることがわかっています。1つはミュータンス菌増殖の抑制、2つめはジンジバリス菌増殖の抑制、3つめがカンジダバイオフィルムの抑制です。
ミュータンス菌は虫歯の原因となる菌ですが、乳酸菌にはこのミュータンス菌を死滅させる効果があることが判明しています。このため、歯磨きを終えた後、就寝前などに乳酸菌を含むものを食べたり、口に含み軽くうがいすることで、酸の産出を効果的に抑えることができます。
更に、歯周病の原因菌とされるジンジバリス菌や、カンジダ感染症の原因とされるカンジダバイオフィルムにも効果があるとされるなど、効果は多岐にわたります。特に歯周病は、歯を失う大きな原因の一つと言われていますから、乳酸菌が口腔内にもたらす良い効果は計り知れないものです。

 

乳酸菌を使った予防方法

 

乳酸菌による虫歯予防の具体的な方法は、乳酸菌を含む食材を就寝前に食べたり、乳酸菌を使ってうがいするだけです。最も手軽な食材はヨーグルトですが、市販されているヨーグルトの多くは糖質が含まれているため、糖質の入っていないプレーンヨーグルトを選ぶことが大切です。
食べるタイミングとしては、朝食後や夕食後、就寝前の歯磨きを終えた後になります。ヨーグルトには原因菌を抑える働きがありますが、歯磨きをしないと歯垢ができてしまうため、乳酸菌の働きを持ってしても予防効果が薄れてしまいます。このため、歯磨き後に摂取するのがベストのタイミングとなります。
ヨーグルト以外にも、乳酸菌を含んだうがい用洗口液や、乳酸菌のタブレットも販売されているため、ヨーグルトがあまり好きではない人でも、自分に合った方法で予防に取り組むことができます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.