食中毒の予防には乳酸菌!腸内環境を整えて菌に負けない体に | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 食中毒の予防には乳酸菌!腸内環境を整えて菌に負けない体に

食中毒の予防には乳酸菌!腸内環境を整えて菌に負けない体に

食中毒になる人ならない人

 

気温が上がって暖かい季節になってくると増える食中毒。良く耳にする「O157」に加え、「O111」という素人には聞きなれない大腸菌まで登場し、不安に感じている人も多いのではないでしょうか。多くの場合、食中毒は、胃や腸で原因の細菌が増殖することで発症します。症状を引き起こす細菌の数がボーダーラインを超えると発症することが多くなりますが、同じものを食べてもなる人とならない人がいます。同じものを食べたのに自分だけ食中毒になってしまったという場合は、もしかしたら腸内環境に問題があるのかもしれません。最近話題の乳酸菌は食中毒の予防にも効果的だと言われており、日頃から乳酸菌を摂取する習慣があると、ある程度の原因菌を排除してくれるので、食中毒になりにくいと言われています。

 

乳酸菌が食中毒を予防する仕組み

 

乳酸菌というと便秘解消に効果的といったイメージですが、腸内環境を整えることは、免疫力の向上にもつながります。人の体には免疫機能があり、細菌やウィルスが体内に侵入すると、それを感知して攻撃し、鎮静化するという力があります。この機能を持つ免疫細胞は腸に約60〜70%集まっているので、腸内環境を整えることは、免疫力の向上にもつながります。免疫機能がしっかりと働けば、体の中に食中毒の原因菌が入ってきたとしても善玉菌がその勢力を抑えてくれます。善玉菌を増やすには乳酸菌が必須なので、日頃から乳酸菌を摂取する生活を心がけることが、食中毒に予防につながるのです。乳酸菌を摂ることで免疫力が向上すると、大腸菌だけではなくインフルエンザウィルスやヘルペスウィルスなどあらゆる細菌やウィルスへの抵抗力がつくので、いろいろな病気への予防にもなります。

 

乳酸菌でいろいろな病気を予防する

 

乳酸菌は薬ではないので、すぐには効果を感じることはできませんが、毎日継続して摂ることで効果を発揮します。酸や熱に弱く、寿命もあるので毎日決まった量を摂り続けることが大切です。種類によっては腸に入ってもすぐに死滅してしまうので、摂り方にも注意が必要です。乳酸菌のエサとなるオリゴ糖と一緒に摂り、乳酸菌を活性化させましょう。オリゴ糖を含む食品にはバナナ、玉ねぎ、大豆、はちみつなどがあるので、乳酸菌と組み合わせて摂ると効果的です。食品で摂るのが難しい人はサプリメントを活用すると良いでしょう。最近ではいろいろな乳酸菌のサプリメントが発売されています。乳酸菌を摂ることで、免疫力が向上し、食中毒を始め、いろいろな病気を予防することができます。活動的な毎日を送りたい人は、乳酸菌を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.