胃腸炎を予防するには、普段から積極的に乳酸菌を摂取するのが大事 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 胃腸炎を予防するには、普段から積極的に乳酸菌を摂取するのが大事

胃腸炎を予防するには、普段から積極的に乳酸菌を摂取するのが大事

胃腸炎の種類や特徴について

 

胃腸炎には、急性のものやストレス性など様々な種類がありますが、最も多いとされているのが急性胃腸炎です。急性は更にウイルス性とバクテリア性に分かれ、バクテリア性の原因菌には、サルモネラ菌や糞便性大腸菌が存在します。しかし、バクテリア性のものは人から人へと感染する可能性が無いため、注意さえ怠らなければ大きな問題はありません。
一方、ウイルス性は感染する可能性があるため、常に注意が必要です。ウイルス性の原因菌としては、ノロウイルスやロタウイルスが有名で、毎年多くの人が罹患していることから、特に冬期間には全国的に注意喚起がなされています。ノロウイルスの流行が冬期間に集中するのは、牡蠣などが旬の時期となり口にする回数が増えるためで、実際には一年中流行する可能性があります。ノロウイルスの感染を予防するには、体内での作用を知ることが重要です。

 

体内に侵入したノロウイルスの動き

 

胃腸炎の予防には乳酸菌が良いとされていますが、それには胃腸炎の仕組みに理由があります。ノロウイルスが付着した食材を口にした場合、すぐに症状が現れるわけではありません。通常は、24時間から48時間の潜伏期間をおいた後に症状が現れます。
遅れて発症するのは、ノロウイルスが十二指腸や小腸など、人間の腸管にたどり着いてから増殖し始めるのが原因です。人間の免疫機能も小腸など腸管に集中しているため、乳酸菌を積極的に摂取するなど普段から予防していれば、命の危険に関わるような症状にはなりません。しかし、冬期間は通常時に比べて体温が低くなっているため免疫力が弱まり、ストレスや疲労などが蓄積されていれば免疫力は更に低下してしまうため、ノロウイルスの増殖を抑えることができずに酷い症状に苛まれる可能性があります。
免疫力を高めるには、体温を上げることや乳酸菌の摂取が有効です。

 

乳酸菌が胃腸炎の予防に良い理由

 

乳酸菌を摂取すると腸内の善玉菌が増えることから、必然的に悪玉菌や日和見菌の割合が減少します。腸内の環境は腸内フローラとも呼ばれ、人間の免疫機能に深く関わっていると考えられています。
乳酸菌を摂取し腸内の善玉菌の割合が増えれば免疫機能が高まり、ノロウイルスなどを原因とする胃腸炎を発症したとしても、ウイルスの増殖を抑えこむことができます。このため、普段から乳酸菌を積極的に摂取することは、ウイルス性胃腸炎の予防にも繋がります。
ノロウイルスの感染から体を守るには、手洗いやうがい、調理の際に必ず熱を加えることが基本となりますが、乳酸菌の摂取により免疫力を高めることも重要です。
乳酸菌が豊富に含まれる食材としてはヨーグルトが代表的で、近年は乳酸菌のサプリメントも販売されるなど、容易に摂取することが可能です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.