乳酸菌を肌に塗る、メリットとデメリット(副作用)に関して。 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌を肌に塗る、メリットとデメリット(副作用)に関して。

乳酸菌を肌に塗る、メリットとデメリット(副作用)に関して。

乳酸菌はメリットが多い

 

乳酸菌とは発酵した特定の食品に含まれている、人体にメリットをもたらす存在です。ヨーグルト、キムチ、発酵食品に含まれていますが、種類は何百種類も存在します。乳酸菌自体は体内に取り込まれると腸内に反応して、善玉菌の餌になる、善玉菌と共存する様に働きかけます。実はヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、皮膚につけても大きなメリットが生じます。ひとつの効果としては皮膚を柔らかくする効果です。ビフィズス菌や乳酸菌は皮膚の角質に反応して、剥がれやすくする作用もありますから、ざらついて強張った皮膚を軟化する様に促します。もうひとつは皮膚のキメを整える作用がありますが、皮膚に元々、存在している常在菌にメリットを与え、活発化させる働きもありますから、使って損はないものです。

 

皮膚にヨーグルト、乳酸菌を塗る場合

 

顔や身体にヨーグルトを塗る行為は、皮膚を健やかに保つ為に有効なアクションです。出来るならば、定期的にヨーグルト、乳酸菌を上手く使って、適度に塗り、洗い流して皮膚を健やかに保つのも良いのです。ヨーグルトは乳酸菌の他にもタンパク質、適度な脂質、カルシウム、ホエイ(ピーリング作用がある)、ミネラルを含みますから、パックとして顔や身体に塗るとたくさんのメリットを得られます。主に保湿、メラニン色素の低下と排出、毛穴ケアといった利点がたくさん得られます。カルシウムは皮膚に塗ると、雑菌を繁殖させない様に促してくれます。ホエイを皮膚に塗ると古い角質を落としやすくする作用がありますから、ヨーグルトをパックとして使うのは美容に最適とも言えます。因みに乳酸菌、ビフィズス菌はオリゴ糖と相性が良く、ヨーグルトとオリゴ糖を混ぜ合わせて時間を置くと、ビフィズス菌が繁殖します。

 

乳酸菌、ヨーグルトの塗りすぎによる副作用

 

それだけメリットがある乳酸菌、ビフィズス菌、ヨーグルトですが、副作用には注意したいのです。副作用としては刺激が少し強く、皮膚が反応して炎症を起こす可能性が出てきます。ドライスキンの方は副作用の影響が出やすいですから、使用するならば薄めて使うやり方などで、調整して塗った後の様子を見るべきです。痒くなるならば使用しない方が安全です。ノーマルスキンの方やオイリースキンの方ならば、副作用は出にくいのですが、アレルギーを持つ方は使用すべきでないと判断します。因みにヨーグルトは酸味がありますが、パックとして使うならば、酸味が少ないマイルドなヨーグルトを使って肌に塗ると、副作用はあらわれにくいのです。しかし、一度の使用で痒みや炎症が発生する可能性は低めですから、連日使用しなければ安心です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.