乾燥肌対策には高いスキンケア用品よりも乳酸菌の摂取を | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乾燥肌対策には高いスキンケア用品よりも乳酸菌の摂取を

乾燥肌対策には高いスキンケア用品よりも乳酸菌の摂取を

乾燥対策には乳酸菌を

 

肌が乾燥すると、肌バリアが弱くなり、角質が外部からの刺激を受けやすくなるので肌トラブルが起こりやすくなります。
紫外線の強い時期は特に活性酸素によって細胞がダメージを受けて、ターンオーバーも乱れて肌の調子が悪くなりやすいです。
乾燥を防ぐために、せっせとスキンケア用品を購入して塗りつけている女性は多いですが、外側から保湿をするだけではなく、乳酸菌の摂取で腸内環境を整えた方が美肌対策としては有効です。
もちろん、紫外線対策や保湿が無意味なわけではありません。紫外線からのダメージと乾燥を防ぐためにはいいのですが、内側からのケアも怠ってはいけないということです。
腸の状態は肌に表れると言われており、腸内に老廃物が溜まっていると血液が汚れてそれが肌を劣化させてしまいます。

 

乳酸菌を摂取することで水分量を増やす

 

ビフィドバクテリウム・ブレーベ・ヤクルト株を含む乳酸菌飲料には、肌の水分量をアップさせる効果が期待されています。空気が乾燥する時期でも、この株が含まれた乳酸菌飲料を摂取することで、肌に保湿効果を与える作用が期待できます。
他には、カスピ海ヨーグルトなどに含まれているクレモリス菌FC株には、整腸作用に加えて炎症を抑えるEPSという成分が含まれています。
腸内環境を整えることは美容にとって良いことですから、乳酸菌が含まれている食品や飲料を積極的に摂取するといいでしょう。
20代までは外側からだけのケアだけでもそれほど問題ありませんが、30代になると徐々に外側からだけのケアでは物足りなくなっていきます。
足りないと感じたら、乳酸菌を摂取して内側からのケアも行いましょう。

 

直接乳酸菌をつけてみる

 

乳酸菌を摂取する以外に、肌に直接つけることでも効果が期待できます。背中に傷を負ったマウスに乳酸菌入りの餌を与え、傷口にも乳酸菌入りの液体を塗布し続けた実験では、治癒が促進されたということです。このことから、乳酸菌は炎症を抑えたり、細胞の再生つまりターンオーバーを正常化させることが予測されています。
ハリウッドセレブなども、ヨーグルトパックをして美しさを保っている人がいます。ヨーグルトには、ケミカルピーリングに使われるAHA(フルーツ酸)が含まれています。古い角質を溶かしてくれる作用があるので、ピーリング作用によってくすみやシミなどの改善につながります。やり方は簡単で、無糖のヨーグルトを顔に乗せて5〜10分放置しておくだけです。軽く皮膚に塗りつけてすすげばOKです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.