腸や肌に良いとされる乳酸菌には副作用の心配があるのか | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸や肌に良いとされる乳酸菌には副作用の心配があるのか

腸や肌に良いとされる乳酸菌には副作用の心配があるのか

乳酸菌で起きるのは副作用ではなく好転反応

 

乳酸菌は他の健康成分と同様に、副作用のことを心配する人が多い成分とされます。乳酸菌には動物性と植物性があり植物性の方が体に優しいといわれていますが、乳酸菌という成分自体に副作用の危険性はないです。乳酸菌は整腸作用・お通じ改善・肌をきれいにするなどの効果が明らかになっていますが、摂取したら下痢をしたという声もあります。乳酸菌による下痢は副作用ではなく、好転反応である場合が多いです。乳酸菌を摂取する前の腸内環境が悪い人ほど腸内環境が良くなってくると、溜まっていたものが一気に出てきたり、良い方向へ傾く腸内環境に慣れてない反応が起きます。悪い状態から良い状態になりつつある段階で生じる体調的な現象を好転反応と呼び、良い状態に体が慣れると自然と治まります。

 

適切な摂取方法で取り入れる

 

乳酸菌は健康や肌状態に良い効果をもたらすことから、多量摂取を試みる人もいます。乳酸菌は多量に摂取しても副作用は起きませんが、下痢が起きる可能性は高くなります。その確率は乳酸菌摂取に用いた食品にもよりますが、冷えているものやヨーグルトでは起こりやすいといわれています。ヨーグルトは乳糖が含まれる牛乳をもとに作られているため、乳糖で下痢を起こすタイプの人だとヨーグルトで下痢することもあります。冷たいものはヨーグルトに限らず、お腹を下す可能性があります。胃腸にとっての急激な冷えは大きな刺激になるため、びっくりして下痢を起こします。ヨーグルトを食べる時にはホットにすることが勧められており、肌をきれいにしたいなら血行も良くなるのでホットが有効です。適温は菌類が活発になる40度前後で、50度以上になると死滅しやすくなるのでほどよく温めることが大事です。

 

糖質が多くならないように注意する

 

乳酸菌を摂取する際に食べる食品はヨーグルトが一般的ですが、健康と美容のためにはヨーグルト選びが重要になります。乳酸菌の種類で選ぶことも大事ですが、最も気を付けたいのは糖質量です。食べやすいヨーグルトを選ぶことも摂取を続けるためには必要なことですが、加糖や甘いヨーグルトには糖質が多量に含まれているため、苦なく食べることができても健康に良いとはいえないです。糖質は人間が活動して生きていく上では欠かせない栄養素ですが、一日の中で食事の時間を設けている人は無糖がおすすめです。糖質の摂り過ぎは肌にも良くない影響を与え、砂糖シミと呼ばれる肌のシミの原因になることもあります。甘いヨーグルトはおいしくて食べやすいのですが、健康を考えるなら無糖です。加糖は健康というより、間食に向きます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.