乳酸菌が不足することで起こるさまざまなデメリットとは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌が不足することで起こるさまざまなデメリットとは

乳酸菌が不足することで起こるさまざまなデメリットとは

腸内環境と健康の関係

 

人間の腸内には何億個もの腸内細菌が生息していて、栄養素を吸収したり分解して体中に送ったり、体の調子を良好に保つために活動しています。よい働きをする腸内細菌は善玉菌と呼ばれていて、中でも一番有名なのが乳酸菌です。ヨーグルトに入っているので簡単に摂取できそうですが、腸内で乳酸菌のバランスを保つのは意外と難しくて、不足してしまうとさまざまなデメリットが生じます。善玉菌が不足すると悪玉菌と呼ばれる悪い腸内細菌が増えたり、日和見菌という本来は体に影響を及ぼさない腸内細菌までが悪玉菌のような働きをするようになるので、体調を崩したり不健康になる原因になります。乳酸菌の数をしっかり保っておけばこのようなデメリットを防いで腸内環境を正常に整えることができます。

 

便秘や肌荒れの大きな原因

 

乳酸菌が不足すると腸内で食物をしっかり消化・吸収できなくなるので気持ちの良いお通じが得られず便秘になることがあります。体内の老廃物を排出できないと毒素が溜まってしまい、新陳代謝がうまくいかずニキビや吹き出物などができて肌荒れの原因になったり、おなかのたるみや膨張感、ガスが溜まっていつもウエストが張っているような不快感、体臭やおならの匂いなどに悩まされる問題もあります。乳酸菌の力でデトックスができなくなるとたるみやむくみも増えて太っているように見えたり、体脂肪が蓄積されやすくなるデメリットもあります。乳酸菌は体調不良のときも減ってしまうので、補給しないとますます数が減って不健康になる悪循環を繰り返すことになります。普段から乳酸菌の入った食品を摂取することを心がけましょう。

 

風邪や病気を引き起こすことも

 

乳酸菌には免疫力を高める効果もあるので、不足すると風邪をひきやすくなるデメリットがあります。アレルギーやアトピー、ウイルスに対する免疫とも関係があり、乳酸菌が足りないと体の抵抗力が弱まって常にアレルギー性の疾患に悩まされたりちょっとしたことで体調を崩したりする原因になります。乳酸菌はコレステロール値を正常に保ったり高血圧の予防や体脂肪を防ぐ効果もあるので、不足している状態が続くと糖尿病やメタボなどの生活習慣病を引き起こし、将来重い病気にかかってしまう危険もあります。乳酸菌が不足すると便秘になったり肌が荒れたり、病気の原因になったりデメリットばかりなので普段からなるべくたくさん摂取するようにして、腸内環境をしっかり保って健康を管理することが大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.