生理の辛い症状には乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすことで対策 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 生理の辛い症状には乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすことで対策

生理の辛い症状には乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすことで対策

生理前の便秘には乳酸菌の摂取がおすすめ

 

生理前になると便秘に悩まされる女性は多いです。原因はホルモンバランスの働きによるもので、黄体ホルモンが活性化することにより腸のぜん動運動が抑制されてしまうからです。また、身体が水分を内に溜め込もうとすることから腸内の水分が少なくなり、硬い便になってしまいます。しかし腸内の善玉菌を増やすことでそんな辛い便秘の症状を改善させることができます。腸内の悪玉菌が減り、善玉菌が増えることで腸の活動が活発になり、排便が促進されます。そんな善玉菌は発酵食品から摂取することができ、例えばヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれています。ヨーグルトは食べ過ぎると逆にお腹がゆるくなってしまう可能性もありますが、適度に摂取することによって便秘改善効果が期待できます。

 

乳酸菌で生理痛を緩和

 

生理になるとお腹の痛みに悩まされたり、気分がイライラすることもあるかと思います。しかし善玉菌の一種である乳酸菌は生理中の辛い症状を和らげてくれる効果が期待できます。実は乳酸菌は腸の中だけでなく膣内にも生息しており、他の病原微生物から身体を守ってくれています。しかしストレスなどを感じることによって体内の乳酸菌は減少してしまうのです。そのため、乳酸菌を摂取することで、乳酸菌が減ったことにより現れる身体の不調を改善できるといわれています。そこでおすすめなのがヨーグルトです。ヨーグルトには乳酸菌が多く含まれているだけでなく、カルシウムやマグネシウムなども含まれているため辛い生理痛だけでなくPMSの予防や改善効果も期待できます。生理痛の対策は痛み止めに頼るだけでなく、こういった普段口にする食べ物にも気を配ることが大切です。

 

おすすめの乳酸菌の摂取方法

 

このように乳酸菌が多く含まれるヨーグルトは、食べることで便秘や生理痛の改善効果が期待できますが、そのまま口にするよりもおすすめの摂取方法があります。それはホットヨーグルトです。女性に冷えは禁物という言葉をよく聞くように、特に生理前や生理中は身体を冷やすことは良くありません。しかしいくら乳酸菌が摂れるからといって冷たいヨーグルトばかり食べていると良い効果が現れるどころか身体が冷えてしまいます。しかしホットヨーグルトであれば乳酸菌を摂取しながらも身体を温めることができます。また乳酸菌は30度後半から40度でもっとも活発に動くため、乳酸菌を含む食べ物を温めて食べることは非常に効率的です。作り方もレンジするだけで大丈夫なため、手軽に食べることができます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.