生理前の辛さの原因はセロトニン不足!?乳酸菌で改善しましょう! | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 生理前の辛さの原因はセロトニン不足!?乳酸菌で改善しましょう!

生理前の辛さの原因はセロトニン不足!?乳酸菌で改善しましょう!

月経前症候群(PMS)でセロトニンが不足

 

生理前になると情緒不安定になってイライラしたり泣きたくなったりということよくありますよね。乳房が張ったり痛みを感じて不快な思いをしたり、だるさや眠さを感じるなど身体にもいつもと違う症状が現れて余計に辛い、そんな月経前症候群は程度の差こそあれ女性なら誰でも経験したことがあるでしょう。このような辛さも以前は精神論で片づけられ軽く見られていた傾向もありましたが、正しく治療すべき問題として注目され始めています。近年生理前の辛さにはセロトニン不足が関わっていることが分かってきました。排卵後の黄体期に女性ホルモンの急激な減少が起こりセロトニン不足を引き起こしますが、神経伝達物質セロトニンが不足すると脳内での情報処理が上手くいかなくなり、うつ症状や不眠症などストレスの原因となります。ストレスがかかることで更にセロトニンが減ってしまうため悪循環に陥ってしまうのです。

 

第2の脳といわれる腸の重要性

 

ストレスのせいでお腹を壊すとか、腸の病気になった人が頭痛や不眠などを訴えるという相互関係は以前から「脳腸相関」として知られていましたが、近年になって科学的に説明できるようになってきています。腸内フローラや腸内環境に異常が起こると腸から脳への信号伝達にも異常が生じます。第2の脳とも呼ばれる腸の環境を整えることの重要性が注目されています。近年乳酸菌の摂取によって腸内のセロトニンが増えるという研究結果が発表され、ストレスや睡眠障害に効果を発揮することが証明されました。乳酸菌は一般に酸に弱く腸に届く前に多くが死滅するという問題が最大のネックでしたが、乳酸菌の種類の中でも特に酸に強い乳酸菌の発見や開発が進んでいます。また乳酸菌を生きて腸に届けるための研究も加速し、乳酸菌を別の物質でコーティングしたり圧縮して数を増やすなどした製品が開発されています。

 

乳酸菌の摂取で生理前の不快な症状を緩和

 

生理前の辛い症状を緩和するためには不足したセロトニンを補うのが効果的です。最も簡単にセロトニンを増やす方法は日光を浴びることです。他にもセロトニンを増やす食品を取って運動することなどが有効ですが、多忙な方には生きて腸まで届く乳酸菌入りの乳製品やサプリメントを利用するも良いでしょう。セロトニンの合成にはビタミンB6が不可欠ですので乳酸菌のサプリメントを選ぶ際にはビタミンの配合にも注意しましょう。女性であれば生理は月に1度必ず訪れ、しかも不快な期間は長ければ2週間にも及ぶ人もいます。人生の多くの期間をPMSで苦しむなんてもったいないです。乳酸菌入りの食品やサプリメントを上手に利用して辛い症状を緩和してこの期間を乗り切るように出来たらいいですね。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.