乳酸菌と言われている細菌にはどんな種類があるのか? | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌と言われている細菌にはどんな種類があるのか?

乳酸菌と言われている細菌にはどんな種類があるのか?

乳酸菌とはどのような菌なのか?

 

地球にはいろんな生物が存在しますが、私たち人間には目に見えない細菌も生物のひとつです。細菌というとあまり良いイメージがなく、インフルエンザなど病気をもたらしたり、おなかを壊してしまったり、食べ物を腐らしてしまうものもあります。中には人間にとって良い効果をもたらす細菌もあります。その代表的なものが乳酸菌です。乳酸菌とは、代謝などによって乳酸を発生させる細菌のことを言います。人間の体の中の腸の中にいますが、そのほかだとヨーグルトやバター、納豆など食べ物と一緒に入れることによって食べ物を長持ちさせたり、良い風味を与えたり、栄養価を高めたり、さらに美味しくさせたりするものもあります。乳酸菌は最近特に注目されており、人間にとってさまざまな良い効果をもたらすと期待されています。

乳酸菌とはどんな種類があるのか?

 

乳酸菌はじつにいろんな種類の細菌があり、現在医療技術が発達して研究は進んではいるものの、正確にはどのくらいの種類があるのか分からないほどあるようです。乳酸菌を大まかにわけると植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の2種類に分けられています。ほかにも人間の体の中に存在する乳酸菌を腸管乳酸菌と呼ばれることもあります。植物系だと漬物や味噌、醤油などの発酵食品に含まれています。動物系は、ヨーグルトやバター、チーズ、乳酸菌飲料に含まれています。植物性や動物性という種類の分けかたのほかにも生物学的な分け方もあるようです。それは菌属、菌種、菌株という分けかたです。さらに菌属にもいろんな種類に分かれており、代表的なものだとラクトバチルス、ラクトコッカスといったものがあります。

乳酸菌が人間に与える効果とは?

 

乳酸菌は人間にとってさまざまな良い効果をもたらすことはすでに知られていることですが、最近では研究が進んできており以外な効果もあることが分かってきているようです。例えば以前からよく耳にするヨーグルトや整腸剤などに含まれているビフィズス菌は、おなかのはりをなくしたり、便通をよくするなどおなかの調子を整える作用があります。免疫作用もあり、インフルエンザ菌などが侵入しても発症しなかったり、発症したとしても軽い症状で済むといった効果もあります。そのほかだと免疫システムの作用を整える作用もあることが分かり、アトピー性皮膚炎にも効果があるようです。あと以外な効果としては、花粉症の軽減や高血圧予防やコレステロール低下など成人病の予防、抜け毛予防、美肌効果などもあることは分かってきているようです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.