乳酸菌のLGG菌はアレルギー疾患とアトピーに効果あり | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌のLGG菌はアレルギー疾患とアトピーに効果あり

乳酸菌のLGG菌はアレルギー疾患とアトピーに効果あり

LGG菌の発見と分離

 

LGG菌はアメリカンのTufts 大学の研究者である、Gorbach教授とGoldin教授が胃酸や胆汁に耐えて生きたまま腸に届く乳酸菌を探し続けた結果、1985年に健康な人の腸から発見され分離した乳酸菌株の事です。LGG菌の名前の由来は二人の頭文字をとってLactobacillus-Goldin-Gorbach=LGGと命名されました。LGG菌は腸内環境(腸内フローラ)を整え、有害物質や発ガン性物質の発生を抑える効果があると言われています。LGG菌の特徴として、細胞表面が繊毛で覆われおり腸管内で付着し滞留する性質があり、耐酸性、耐胆汁性と併せその性質は他の乳酸菌よりも優れていると言われています。よって整腸作用が他の乳酸菌と比べて大変優れているとされています。

 

LGG菌の効果①抗アレルギー作用

 

LGG菌の特筆すべき点としてその抗アレルギー作用が挙げられます。現在先進国ではアトピー性疾患の患者が急増しておりし中でも、新生児のアトピー性皮膚炎の急増が問題視されています。ヨーグルトの国フィンランドのTurku大学の研究報告では新生児へのLGG菌投与によりアトピー性皮膚炎の発症率が低下したとの報告が上がっています。これは免疫機能の中心を掌る、腸内環境(腸内フローラ)の改善により抗アレルギー作用が向上した効果があったことが言われています。また他の研究グループの調査研究では妊娠中にLGG菌を摂取した母親が出産した幼児は、摂取しなかった母子と比較してアトピー性皮膚炎の発症率が約半分であったとの報告結果もあり、LGG菌がアレルギー疾患、アトピー疾患に効果があるとされている根拠になっています。

 

LGG菌の効果②そのほかの効果があるもの

 

その他、LGG菌は花粉症への効果が期待されており、花粉シーズン前から摂取し続けることで、花粉症予防にもつながり、鼻水、鼻づまり、くしゃみの花粉症特有の不快な症状の低減や改善が確認されてると言われています。LGG菌は大部分のアレルギー性疾患にも効果があるのではと期待が高まってきています。また、LGG菌はメタボリックシンドローム(肥満予防)にもその効果があるとされています。それは脂肪組織における脂肪分解の促進や脂肪合成の抑制があるのではと、研究が進められています。今後の研究成果では生活習慣病にも効果があり、あらゆる病気の元になっていると言われるメタボリックシンドロームの対策にも一役買うと期待がますます高まってきています。LGG菌を始めとする乳酸菌の研究はこれからも拍車がかかってきています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.