辛い花粉症もLGG菌摂取で改善効果が認められています | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 辛い花粉症もLGG菌摂取で改善効果が認められています

辛い花粉症もLGG菌摂取で改善効果が認められています

花粉症は免疫機能を整える必要あり

 

最近では冬の終わりから春にかけて、多くの方が不快な症状で悩むようになった花粉症。鼻水やくしゃみ、頭が重い、むくみなど多くの症状を生み出します。しかし対策と言えばうがい、マスク、眠くなる薬などが一般的です。なかなか根本的に治すことは難しく、突然今年からなる方もいて、年々深刻化するばかりです。花粉症は体のアレルギーに対する免疫力が過剰だったり、誤った認知で作動してしまいさまざまな症状を引き出します。これを整えて、さらに強くするには体の内部から変えていく必要があります。対処療法ではなく、体の機能を正常に戻すこともしなくては完全に整えることはできません。その役目を担ってくれるのが、乳酸菌の一種であるLGG菌なのです。体の中に入って内側から働きかけてくれます。

 

LGG菌は腸内環境と整えて免疫力をアップ

 

花粉症の原因の1つに免疫機能がうまく働かないことがあります。この原因として体の中心でもある腸内の機能低下が大きな要因となっています。腸は様々な栄養を吸収しますし、体の巡りにとっても大きな場所です。また、しかし現代人は食事が偏っていて脂質や糖分、塩分が多く、それが腸内に老廃物として残って本来の機能の邪魔になっています。すると必要なものが吸収できず、腸の機能全体まで低下させてしまい、それが免疫力の低下にもつながります。すると花粉に対抗する働きも異常をきたし、花粉症となってしまうのです。腸内環境を整えるLGG菌は、この基本的な部分を効果的に整えてくれるので結果としてアレルギーに強い体になるのです。LGG菌はダイレクトに腸に届くことで効果的な働きをしてくれます。酸に強いので腸まで届きます。

 

LGG菌はシーズンの少し前から摂取しよう

 

LGG菌は胃酸や胆汁など強い酸性にも負けず腸まで届きますので、しっかりと腸内で効果を発揮してくれます。そのため、他の乳酸菌よりもダイレクトに花粉症に効果を発揮できるのです。しかし、症状が出てから摂取するのでは遅く、十分な効果を実感できないでしょう。LGG菌が良いのは腸内環境を整えるからです。しかし、LGG菌は薬ではないので摂取してすぐに効果を発揮するものではありません。着実に変わっていくのである程度の時間は要します。そのためLGG菌は花粉の季節の数か月前から摂取を続けていくと良いでしょう。もちろん、そろそろ症状が出てきたと感じてからでも摂取すると緩和されてきたり、ひどくなるのをコントロールできます。大切なのはLGG菌を摂取し続けることです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.