LGG菌の様々な体に良い影響を与える効果と特徴について | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > LGG菌の様々な体に良い影響を与える効果と特徴について

LGG菌の様々な体に良い影響を与える効果と特徴について

LGG菌の持つ様々な特徴

 

LGG菌は、胆汁酸や胃酸にダメージを受けずに生きている状態のままで腸まで届く特徴や、長い期間腸に定着するという特徴があります。別の種類の乳酸菌と比べてみても環境に対応する耐性が強く、身体に良い影響を与えるプロバイオティクスとしての役割を果たして腸の中の環境を改善するのに貢献することが期待できます。
LGG菌には線毛という細かい毛が表面に生えているという特徴があります。この線毛が生えていることによって、LGG菌は腸の壁にしっかり定着することが可能となります。実際に、LGG菌から線毛を取り払うと腸に定着する力がかなり衰えることが判明しています。線毛が生えているという特徴がある乳酸菌は、LGG菌だけとなっています。LGG菌は、腸の中で長い時間留まることが可能な特徴から持続性乳酸菌ともいわれています。

 

身体に良い影響を与える様々な効果

 

LGG菌は、1985年に発見されたので割合歴史が古く、注目されていたことから様々な効果を得る期待ができることがあります。例えば、腸の中の悪玉菌を減少させて、ビフィズス菌を増やすことから、便秘や、下痢の症状が改善されるといった色々な腸内の中の環境を改善させる効果を得ることが期待できます。
妊娠中から出産して半年経つまでの期間にお母さんと赤ちゃんにLGG菌を与えることによって、アトピーが発症してしまう確率を減らす効果が期待できます。出産する前の段階でアトピーの予防ができる画期的な予防方法となっています。
また、インフルエンザウィルス数を減少させて、インフルエンザの症状を軽くしたり、風邪を予防してくれる効果を得ることなども期待できます。このような効果があるのはLGG菌が免疫力を向上させる働きがあるためとされています。

 

LGG菌は様々な国で摂取されている

 

LGG菌を摂取することによって、花粉症による鼻づまりの症状が改善する効果を得られる可能性があります。また、体脂肪を減少させる効果を得られることが期待でき、その結果として体重が減ることも期待できます。
これは血液の中に含まれているアディポネクチンの量が増えることによって、脂肪細胞が肥大化する働きを抑えることによってもたらされる結果であることが予想されます。
このようにLGG菌は、比較的歴史が古いため、世界で一番研究が行われている乳酸菌となっていて、病気を予防してくれるなどといった様々な効果があり、新しく、腸の中の細菌が体に良い影響を与える可能性を知らせてくれた乳酸菌であるということもできます。LGG菌は注目度が高いことから、すでに40の国で摂取されています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.