LGG菌のサプリはアトピーの改善や予防効果を期待できます | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > LGG菌のサプリはアトピーの改善や予防効果を期待できます

LGG菌のサプリはアトピーの改善や予防効果を期待できます

LGG菌サプリの魅力とは

 

LGG菌の正式名称はラクトバチルス・ラムノーサス・GGで、1985年に米国タフツ大学のゴルバッハ教授と、ゴルディン教授により発見されました。GGは発見者である、GorbachとGoldinの二人の頭文字によるもので、フィンランドのバリオ社が研究開発を目的に、1987年にライセンスを取得し、現在に至ります。
ひとつの国で一企業のみが利用契約できるようになっていて、国内ではタカナシ乳業株式会社が契約しています。
LGG菌の特徴は定着力の強い線毛を持つことで、腸の表面にしっかりと付着し、腸内にある程度長く留まることができる性質により、持続性乳酸菌ともいわれます。消化液にさらされても、負けずに生きたまま腸へ届き、長期間定着する強さが魅力で、他の乳酸菌と比較しても強い耐性があり、腸内環境を改善する高い効果があります。

 

LGG菌のサプリはアトピー改善に役立つ

 

LGG菌は菌体で唯一、綿毛が付いている乳酸菌で、胃の上皮組織に毛のようなものが張り付いて、付着することができます。腸内に長い間留まり、良い菌を増やし、悪玉乳酸菌を減らす作用がありますから、腸内環境を整え、体全体の免疫力をアップできるといわれています。
アトピー性皮膚炎に悩まされている方は多いですが、その原因には、腸内環境の悪化がかかわっているという説があります。LGG菌には乳酸を分泌させる、整腸作用がありますから、アトピー性皮膚炎の発症を抑制したり、緩和させたいときに役立ちます。
LGG菌のサプリを摂取すると、胃酸や胆汁酸などの強酸性の消化液にも負けずに、死滅しないで腸まで生きて届きますから、アトピー改善をしたい人は毎日摂取することをおすすめします。

 

LGG菌でアトピーの予防が出来る

 

妊娠中の母親に、LGG菌を摂取させる実験が行われたことがあります。それによると、摂取した母親から生まれた子は 摂取しなかった母親の子と比べ 、幼児期におけるアトピー性皮膚炎の発症率が半分だったという結果が出ています。
出産前からアトピーを予防する効果を期待できるので、妊娠していることがわかったら、LGG菌の入ったサプリを積極的に摂取するようにしてください。
アトピーを発症すると、皮膚科で処方してもらう薬で対処しなければなりませんが、副作用を気にする人が少なくありません。
しかしLGG菌には、そのような副作用は一切ないので、安心して摂取することが出来るでしょう。
LGG菌は持続性乳酸菌で、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状を抑える効能のある乳酸を産出できるので、これらの悩みを持つ人はサプリを飲むようにしましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.