ビフィズス菌で便通を促進するための方法と効果的な方法について | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌で便通を促進するための方法と効果的な方法について

ビフィズス菌で便通を促進するための方法と効果的な方法について

ビフィズス菌が便通を促進する理由

 

ビフィズス菌が便通促進に効果的な理由とは、ビフィズス菌は、糖を分解して、乳酸や酢酸などの有機酸を作り出し、それが短鎖脂肪酸というものに変化します。それによって、腸を刺激し、蠕動運動を促進します。蠕動運動とは、腸の中の便を送り出すための運動で、この筋肉の動きにより、腸の内容物が直腸に運ばれ、最終的には肛門に到達し排出されます。
ビフィズス菌などの善玉菌が糖を短鎖脂肪酸に作り替えることによって、蠕動運動が適度に促されることで,整腸作用が発揮され、便秘の予防や改善に繋がります。
女性や高齢者などは、特に、この蠕動運動のための筋肉が少ないため、便秘になりがちとなってしまいますが、ビフィズス菌を摂取することで、蠕動運動を促し、便通を促進させることができます。

 

ビフィズス菌の便通促進効果を高める方法

 

ビフィズス菌によって、便通を促進させるためには、食物繊維も摂取することが大切です。食物繊維にも、蠕動運動を促進し、排便を促す効果があります。また、ビフィズス菌を増やすために、オリゴ糖を摂ることも大切です。オリゴ糖は、人の消化器官では分解されず、大腸に到達することで餌となり、増やす働きをします。オリゴ糖は、小腸でも分解されないので、他の糖類と比べると、血糖値が上がりにくくし、インスリンのウドも低く抑えることができるという効果もあります。
さらに、ビフィズス菌を選択的に増殖させる物質もあります。それはBGSという成分で最近では、サプリメントなどで商品化されております。ビフィズス菌を効果的に増やすことで、更に、便通の促進効果を高めることができます。

 

ビフィズス菌を効果的に摂取するためには

 

ビフィズス菌を増やすためには、ヨーグルトなどの発酵食品などを摂取することが大切です。生きたまま腸まで届くかということも重要視される人もいますが、ビフィズス菌が死んでしまっても、菌体成分という大腸菌内の善玉菌を助ける働きがあるので、生きて腸まで到達しなくても大丈夫です。
ビフィズス菌は多く摂取することが大切です。ビフィズス菌を摂取するのに適した時間帯は、特に良いタイミングというものはなく、摂れば問題ありません。また、同じ時間帯に摂取することがお勧めです。時間がなかなかないという人は、サプリメントを利用したりすると水があれば摂取することができます。
食前か食後かというと食後に摂った方が、胃酸が薄まっている状態なので菌をより多く腸まで届けることができるのでお勧めです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.