ビフィズス菌の種類と違いで人体への効果があるか考察 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌の種類と違いで人体への効果があるか考察

ビフィズス菌の種類と違いで人体への効果があるか考察

ビフィズス菌の種類、違い

 

人の腸内に最も多く棲んでいるビフィズス菌の種類のうち5種類の代表的な菌についてお知らせしますと1.ビフィドバクテリウムビフォダム2.ビフィドバクテリウムロンガム3.ビフィドバクテリウムアドレッセンテイス4.ビフィドバクテリウムプレーペ5.ビフィドバクテリウムインファンテイスの5種類が腸内の善玉菌の99パーセントをビフィズス菌がしめています。乳酸菌の約1000倍存在しています。ビフィズス菌は年齢とともに減少していきます。  ビフィズス菌は母親から子へ受け継がれ腸内環境を整えます。下痢や便秘を防ぎ免疫力を高める働きもします。だから若い方から高齢の方までビフィズス菌を増やすことで内蔵を丈夫にし免疫力を高めて感染症にもかからない体を作る事が出来ます。

 

ビフィズス菌の種類の違い

 

ビフィズス菌の違いにより体内での効果は、いろいろに変わります。ビフィドバクテリウムビフィダムは胃の健康に効果的なビフィズス菌で、胃の粘膜にあるムチンにふっつき胃の粘膜を保護してくれます。同時に胃の粘膜にいるピロリ菌も抑制します。その様な働きにより胃潰瘍、胃炎等の病気も予防できます。ビフィズス菌の中でヤクルト菌の1種としてしられていて、アレルギー症状の改善効果が期待できます。は体内コレステロールを低下させるという働きを持って居ます。又胃酸に壊されることなく腸まで直接届く事ができるのです。
またビフィドバクテリウムブレーべはアレルギー症状が出にくくなるという学会報告も確認されています。各種ビフィズス菌の違いの中でも、ユニークなビフィドバクテリウムロンガムは子供から成人でもほぼ一定のわりあいで存在し免疫力を高めます。

 

ビフィズス菌の種類の違いと効果

 

ビフィズス菌の中のビフィドバクテリウムインファンティスは善玉菌として、腸内環境を整えるのはもちろん花粉症を予防、抑制する事が期待できます。なおビフィズス菌は年齢と共に減少していきます。生まれたばかりの赤ちゃんの腸は90パーセント以上ビフィズス菌が存在します。其の為赤ちゃんの便は臭いが殆どしないのです。それが高齢期になると1パーセントしか無くなります。其の為腸内にはアンモニャなどが増えてしまい便秘、下痢,体臭、口臭、肌荒れなどの不快な症状に見舞われます。低免疫に成り大変な病気に襲われることもあります。健康を維持するためには多くの善玉菌を腸内に積極的に増やす必要があります。自然の食べ物に親しんで出来るだけジャンクフードなどをひかえることが必要です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.