ビフィズス菌にはたくさんの種類がありそれぞれ特徴があります | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌にはたくさんの種類がありそれぞれ特徴があります

ビフィズス菌にはたくさんの種類がありそれぞれ特徴があります

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

 

ヨーグルトに入っていることで有名になったビフィズス菌ですが、乳酸菌とは全く別のものです。人によってはヨーグルト自体がビフィズス菌と勘違いされている方もいるようです。
乳酸菌は乳酸を産生する細菌です。食品を発酵させてるために古くから使われています。ヨーグルトも乳酸発酵による加工品です。
ビフィズス菌は、主に人や動物の腸内に生息している細菌です。
乳酸の他に酢酸を産生する働きがあります。腸内では善玉菌に分類される細菌です。酸素に対して弱く、生育できない偏性嫌気性と言う性質を持っています。
腸内は酸素が少ないのであまり問題にはなりません。そのためヨーグルトに入れる時にはなるべく酸素と触れ合わないようにする工夫がなされています。特に容器にも酸素を透過しないような技術が使われています。

 

ビフィズス菌の特徴のいろいろ

 

ビフィズス菌は偏性嫌気性であり動物の腸内で生息している菌です。腸内で糖を分解して、乳酸と酢酸を生成します。乳酸は肝臓でグルコースの再合成に利用されます。そして生成されたグルコースは筋肉と結びついてエネルギーとして使われます。
酢酸は、強い殺菌能力があり腸内の悪玉菌を繁殖しにくくする特徴があります。また、腸の粘膜を保護する作用もあります。このような作用から病原性大腸菌O-157の感染予防に効果があると言われています。
この他にもビタミンB群を作る特徴があることも確認されています。ただし一度摂取することでこれらの効果が永久的に維持されることはありません。定期的な摂取を継続して行うことが大切です。薬のような副作用はないので、食べ過ぎなければ体に悪影響を与えることありません。

 

ビフィズス菌の種類と特徴

 

ビフィズス菌は現時点で32種類あるとされています。ただし人の腸内で見つかったのは10種類程度です。その中でも成人のみ、乳幼児のみ、両方に生息などの3種類に分かれます。そのうち、食品にも添加されている代表的なものの特徴を紹介します。
ビフィダム種は、整腸作用や免疫力の活性化、コレステロールの低下作用、悪玉菌の増殖抑制作用、ビタミンB群の生成などの特徴が認められています。ロングム種は、酸に強い特徴があるためヨーグルトに多く使用されています。大腸までしっかり届いて善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きが強いビフィズス菌です。ブレーベ種は、乳幼児の腸内に多く生息している種類のビフィズス菌です。整腸作用や抗アレルギー作用が高い特徴があると言われています。そのため粉ミルクなどにも配合されています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.