植物性ビフィズス菌を含む食品は積極的に摂取すべきか。 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 植物性ビフィズス菌を含む食品は積極的に摂取すべきか。

植物性ビフィズス菌を含む食品は積極的に摂取すべきか。

そもそもビフィズス菌とは。

 

ビフィズス菌と聞くと、おなかの調子を整えてくれるヨーグルトなどに含まれている菌、程度のイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。そのイメージは間違ってはいないのですが、ビフィズス菌はそもそも人の腸内にも生息している善玉菌の1種なのです。腸にはビフィズス菌の他に、多くの菌が生息しており、その数は100兆個とも言われています。体にとって有益なのが善玉菌、有害な悪玉菌です。善でも悪でもない中間菌という菌もいます。これらの菌が日々、生存をかけてバトルを繰り広げてます。健康を保つためには、善玉菌の多い腸内環境を維持することが大切です。ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも善玉菌ですが、異なる微生物で、生息している場所も違います。生息数も異なり、ビフィズス菌は乳酸菌の100倍以上います。

 

ビフィズス菌に植物性と動物性があるのか。

 

植物性と動物性があるのは、乳酸菌です。漬物や味噌、納豆などの発酵食品に存在するのが、植物性乳酸菌です。動物性と違い、植物性の野菜や豆類には栄養素が少なく、は塩分の高い環境で育つと生命力の高い乳酸菌に育ちます。通常は口から入った乳酸菌の大半は胃酸などの消化液によって死滅してしまいます。生命力の高い植物性乳酸菌は、生きて腸までたどり着く確率が高いと言われています。もう一種類の動物性乳酸菌はチーズやヨーグルトに含まれます。動物の乳に含まれる乳糖をエサにして大きくなります。他の菌と共存できず、栄養が豊富な場所でないと成長できないため、直物性に比べると弱いイメージですが、生きたまま腸に届かなくても、死滅した動物性乳酸菌は腸内にいる善玉菌のエサとなりますので、結果的には腸内環境の改善に役立ちます。

 

ビフィズス菌は増やした方がいいのか。

 

腸内環境を良好に保つためには善玉菌は欠かせません。先述のとおり、生きて腸に届く可能性が高い植物性の乳酸菌を多く含む食品を摂取することは健康のために大切です。しかしまずは既に腸内に生息している善玉菌の成長を促すことにフォーカスしてみましょう。善玉菌の敵である悪玉菌を作り出すのは有害物質です。それを体の外に排出してくれるのが食物繊維です。よって食物繊維を多く含む食品は、善玉菌を増やしてくれる働きがあると言えます。食物繊維は、穀物、芋類、海藻などの植物性の食品に多く含まれます。大豆、バナナ、牛乳などオリゴ糖が含まれる食品も、善玉菌の成長を促します。ビフィズス菌を含むヨーグルトが多種類市販されていますが、含まれているビフィズス菌は異なりますので、身体に合うもの合わないもがありますので試してみて見極めが必要です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.