腸内環境を整えるためにビフィズス菌が担う役割について | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸内環境を整えるためにビフィズス菌が担う役割について

腸内環境を整えるためにビフィズス菌が担う役割について

乳酸菌とビフィズス菌

 

日本では、美容や健康のためにヨーグルトを食べている人が少なくありません。
ヨーグルトは、乳に乳酸菌を入れて発酵した商品です。日本人の中には牛乳を飲むとお腹がゴロゴロする人がいますが、お腹がゴロゴロするのは牛乳に含まれている乳糖を消化することができないためです。
ヨーグルトは、乳酸菌の作用によって乳糖の一部を分解するので、お腹がゴロゴロする人でもたべることができるのです。
乳酸菌をアミノ酸が分解するため、消化吸収が良くなり、牛乳と同様にビタミンAやビタミンB群も摂取することができます。また、ヨーグルトになることで、カルシウムの吸収率も高くなります。最近、大きな注目を集めているのが、プロバイオティクスで、その代表が乳酸菌やビフィズス菌なのです。

 

腸内環境を整えてくれるビフィズス菌

 

乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り、腸内を酸性にします。健康に悪影響を与える悪玉菌は、酸性の腸内環境が苦手なのです。そのため、腸内を酸性にすると、悪玉菌が増えにくくなるというメリットがあります。
乳酸菌は、乳酸発酵することで、様々な発酵食品を作り出すことができます。日本の伝統食品である醤油や味噌、漬物も、発酵食品です。乳酸菌は、食品の保存性も高めることができます。酸を作ることで、食品が酸性になって、腐敗菌が増加するのを防いでくれるのです。
さらに乳酸発酵することにより、食べ物の消化と吸収が良くなります。ビフィズス菌は、酢酸を生成しますが、酢酸には強力な殺菌力があるのです。酢酸によって悪玉菌の増殖を抑制し、腸内環境を良好に保つことができるのです。また、腸内が酸性になり腸の蠕動運動が活発になると、便秘の解消にもつながります。

 

ビフィズス菌を摂取して健康に役立てる

 

乳酸菌には様々な役割がありますが、ビフィズス菌も健康と美容のために様々な役割を担っています。
ビフィズス菌の役割の一つが、ビタミンB群と葉酸を作り出すことです。ビタミンB群も葉酸も、人間にとっては非常に大切な栄養素です。特に女性にとっては、葉酸の役割は大きいです。最近は、妊娠した女性の多くが、葉酸のサプリメントを摂取しています。
体の中で良い働きをするビフィズス菌ですが、腸内で増やすためには、生きているビフィズス菌が入った商品を摂取することが近道です。ビフィズス菌が腸に届き、自分の役割を果たすことで腸内環境は良くなるのです。
腸内環境は、健康に大きな影響を与えます。ですから、日頃からビフィズス菌を摂取するなどして、腸内環境を整えておくことは非常に重要なのです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.