つらい花粉症の症状を改善するにはビフィズス菌が効果的 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > つらい花粉症の症状を改善するにはビフィズス菌が効果的

つらい花粉症の症状を改善するにはビフィズス菌が効果的

ビフィズス菌の効果とは

 

ビフィズス菌には、病原菌に対する感染防御作用や、抗腫瘍作用、血中脂質改善作用、免疫調節作用などが研究されています。ビフィズス菌は、乳酸に加えて酢酸を生成する働きがあり、この強い殺菌力によって、悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える働きがあります。また、腸内を酸性にすることで、腸の蠕動運動を活発にし、排便を促進していきます。
そのほかにも、ビタミンB群や葉酸を作り出すため、毎日継続して摂取することが大切な乳酸菌といえます。
ビフィズス菌には、便通改善や整腸作用などさまざまな健康効果があることがわかっています。ただ酸や酸素に弱く、胃酸で死滅してしまう可能性が高いため、基本的には食事から増やすことは難しいといえます。サプリメントは、耐酸性のカプセルによって、菌が守られているため、生きたままビフィズス菌を腸まで届けることができます。

 

ビフィズス菌は花粉症に効果がある

 

ビフィズス菌には、花粉症改善効果があるといわれています。花粉症は、一度なってしまったら、完治が難しいアレルギー症状ですが、乳酸菌やビフィズス菌には、このつらい花粉症の症状を改善する効果があるといわれています。
我々の体には、もともと免疫機能が備わっていますが、この免疫機能が過剰に反応することで起こるのが、花粉症です。
花粉症のメカニズムは、体にウイルスなどが侵入すると、白血球内のリンパ球に存在する免疫細胞が、攻撃を仕掛けて撃退しますが、花粉を敵と勘違いしてしまい、花粉に接触するたびに、IgE抗体が作られて体内に蓄積されてしまい、ある一定の水準を超えてしまうと、花粉症の症状が発症してしまいます。
ビフィズス菌には、IgE抗体が作られるのを抑える働きがあるため、花粉症を改善することができます。

 

ビフィズス菌のさまざまな効果

 

人間の体の中には、何百兆という数の細菌が存在していますが、その細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌という3つの種類に分類されます。善玉菌は、体によい効果をもたらしてくれる細菌で、ビフィズス菌はその代表的な存在といえます。
ビフィズス菌には、整腸作用があり、便秘解消や、免疫力を強化して、風邪などの感染を予防し、毒素を防いで美肌を作り上げるという働きが期待できます。
中でも、もっとも期待される効果に、整腸作用があります。
腸内で悪玉菌によって作られたアンモニアやインドルといった腸内腐敗産物の数を減らす作用があり、長年の便秘を解消したり、アレルギー反応を抑制して、症状を出づらくする効果も期待できます。整腸作用というのは、単に便秘や下痢を改善するだけではなく、全身の健康にもつながっていきます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.