ビフィズス菌は便秘や下痢の解消だけでなくたくさんの効果をもたらします | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌は便秘や下痢の解消だけでなくたくさんの効果をもたらします

ビフィズス菌は便秘や下痢の解消だけでなくたくさんの効果をもたらします

ビフィズス菌とはどんな菌?

 

ビフィズス菌はお腹にいいという漠然としたイメージを持っている人が多いかと思いますが、どんな菌なのでしょうか。私たちの腸内には善玉菌と悪玉菌が住み着いていますが、ビフィズス菌は腸内に住む善玉菌の一つです。腸内環境において腸内細菌の10パーセントを占める善玉菌の代表格といえます。
ビフィズス菌をはじめとする善玉菌が多いと、腸内環境が元気になります。腸内環境は様々な疾病と関係があることから、できるだけ腸内環境を整えることが重要となってきますし、この腸内環境を整えてくれるポイントとなる菌がビフィズス菌なのです。人の腸内には10種類ほどのビフィズス菌が住み着いていますが、量が減少してしまうと悪玉菌が増えてしまいアンモニアなどの腐敗産物が増えてしまいます。

 

ビフィズス菌の底知れぬパワー

 

ビフィズス菌は一言でいうと腸内環境を整える効果がありますが、腸内環境を整えるというのはどういったことなのでしょうか。
ビフィズス菌は酢酸を作り、その強い殺菌力で腸の粘膜を保護する作用があります。なので大腸菌O157を予防する効果が高いとされています。
またビタミンzB群をつくる作用もありますし、インフルエンザなどの感染防御作用、免疫調整作用、栄養素の吸収にも効果があるとされているため、様々な底知れぬパワーを秘めているのです。腸内環境が様々な疾病に関係しているというのもよく分ります。
できるだけこうしたすごい効果をもたらす善玉菌を腸内に増やすためには、生きたビフィズス菌を食事から摂取して、善玉菌のパワーがしっかり発揮できる環境にしておく必要があります。

 

便秘だけでなく下痢にも効果的

 

ビフィズス菌をしっかり摂取すると腸内環境が整って便秘が解消されるというメリットがありますが、逆に摂取しすぎると下痢になってしまうのでしょうか。逆に下痢にビフィズス菌はよくないのでしょうか。答えはやはり取りすぎてしまうと下痢気味になってしまったりしますが、下痢の時にビフィズス菌を含むヨーグルトやサプリメンを摂取すると、腸内環境が整えられて下痢が改善されるという効果が期待できます。
なので、悪玉菌が増えて腸内バランスが乱れていることが原因で下痢が起こっている場合には効果的です。ビフィズス菌は一度摂取すると永久的に腸内に存在するわけではありません。なので、できるだけ毎日続けてビフィズス菌を含む食材を摂取し続けることが腸内環境を整えて健康に結びつける近道になります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.