ビフィズス菌の種類と、それぞれが持つ効果を徹底検証! | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌の種類と、それぞれが持つ効果を徹底検証!

ビフィズス菌の種類と、それぞれが持つ効果を徹底検証!

そもそもビフィズス菌とは何か?

 

腸に良いということでよく知られるビフィズス菌は乳酸菌の一種です。私たちの腸の中に存在している善玉菌とも呼ぶことができます。乳酸菌の中でも、特にビフィズス菌が大きな注目を浴びているのは、他の菌とは異なる特徴を備えているからでしょう。例えば、乳酸を作り出す一方で、酢酸と呼ばれている物質をも作り出すことができるのです。こうして作り出された酢酸には強い殺菌力があるため、腸内の悪玉菌が増えるのを防ぐことができます。また、ビフィズス菌を他の菌と異なるものにしている別の点は、偏性嫌気性と呼ばれる特性にあると言ってよいでしょう。これは簡単に言えば、酸素を嫌うという特性のことです。その特性があるおかげで、酸素がほとんどない大腸の中に存在することができるのです。

 

代表的なビフィズス菌の種類

 

ビフィズス菌にはたくさんの種類があります。現時点で、32種類に分類することができると言われています。それらの中でも、私たちの体内に存在していると確認されているのは、およそ10種類であるとされています。例えば、世界で初めて発見されたとされるビフィダム菌、特に成人の腸の中に存在しているとされるアドレスセンティス菌、またヨーグルトによく使われているロングム菌があります。さらには、赤ちゃんの腸内に存在するビフィズス菌の中でも大きな割合をしてるとされるブレーベ菌、加えて、ビフィズス菌の基準種とも言われるインファンティス菌などを挙げることができます。それぞれの種類ごとに異なる効果を持っているため、自分の健康状態とよく相談して必要に合ったものを見極めることができるでしょう。

 

ビフィズス菌の種類ごとに異なる効果

 

ビフィズス菌の中でも知名度の高いビフィダム菌は、胃の健康を保つのに大きな効果を発揮する菌として知られています。乳酸菌として腸内環境を整え、悪玉菌が増えるのを防ぐ効果があることに加えて、胃の粘膜を保護する働きが認められています。ビフィズス菌の別の種類であるアドレスセンティス菌には、腸内でビタミンを合成する働きをしています。腸内環境を正常に保つ働きに加えて、動脈硬化を予防する効果もあるとされています。またロングム菌と呼ばれる種類のビフィズス菌は酸に強く、生きたまま腸にまで届く菌として注目されています。大腸で善玉菌を増やすとともに悪玉菌を減少させる働きがあります。そのため整腸作用に加えて、免疫力をアップさせたりコレステロールを下げたりする効果を持つとされています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.