ビフィズス菌の効果が現れるまでの時間と菌の種類を知る | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ビフィズス菌の効果が現れるまでの時間と菌の種類を知る

ビフィズス菌の効果が現れるまでの時間と菌の種類を知る

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

 

ビフィズス菌の主な特徴として腸内まで菌が死ぬことが届くことになり、腸内で善玉菌を増やす事を行います。腸内環境を整える事で便秘などが改善される効果があり、最も腸内まで届くLKM512型は便秘のほかにアトピー性皮膚炎や花粉症を改善させる効果もあります。ビフィズス菌の効果が現れるまでの時間は短くて4週間となっているので、少しずつ改善を目指すことになります。また現在、人の腸内には10種類のビフィズス菌が存在しており、大腸にある99.9%が善玉菌のビフィズス菌で残りが乳酸菌となります。またビフィズス菌は酸素のある消化器では作用することが出来ないのも特徴になります。このように腸内で活躍するビフィズス菌が整腸作用に関わっている事で、少しずつですが症状の緩和がされています。

 

ビフィズス菌が最も働く時間

 

大腸が最も活躍する時間は就寝中になります。このために就寝前にビフィズス菌を摂取しておくと大きな作用が得られる事が多いです。寝る前のサプリとも言えます。最も摂取しやすいのがヨーグルトとなっていて風呂上りにデザート感覚で摂取する癖を付けておくと良い場合もあります。なお、寒い時はヨーグルトを温めて摂取する事も可能ですが、あまりに高温の場合はビフィズス菌が死ぬため注意が必要ですが、そのまま摂取しても善玉菌としては腸内で作用するので捨てることはしない方が良いです。この状態でも効果はありますので大丈夫ですが摂取量が多い場合はお腹が緩くなる場合があります。サプリで摂取する場合は1日に2回となっている場合が多いので、購入時によく説明書を見ておく必要があります。

 

ビフィズス菌は薬ではありません

 

ビフィズス菌は薬ではありませんので、効果が現れる時間は薬に比べると遅くなります。乳酸菌を含め善玉菌の場合は腸内環境を整えることから始まるので、腸内が整えば効果が少しずつですが現れてきます。時間は掛かりますがビフィズス菌が合っていれば便秘の解消なども早くなります。心配な場合や症状が悪化した場合は皮膚科に相談されてから摂取を始めることをお勧めします。ビフィズス菌によってはおならや便の臭いが軽減される効果があるため、気のなる方も定期的に摂取されると良いです。ヨーグルトを1日に300g程度を2週間摂取を続けて効果が少しも見られない場合は違う商品に変える事も方法になります。ビフィズス菌が商品によって配合の割合が違う場合がありますので、少しだけ配合が高い商品に変えることも必要になります。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.