乳酸菌のうちガセリ菌と他の菌との違いについて知りましょう | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌のうちガセリ菌と他の菌との違いについて知りましょう

乳酸菌のうちガセリ菌と他の菌との違いについて知りましょう

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

 

ビフィズス菌は善玉菌の99.9%を占める重要な菌で他の菌が小腸で働くのと違い大腸で活躍します。他の乳酸菌が乳酸しか作り出せないのと違い、ビフィズス菌は糖を分解することで乳酸と酢酸を作り出すことが出来ます。酢酸が腸内を酸性にすることにより、酸性に弱い悪玉菌の繁殖を防ぐことができます。ビフィズス菌は広い意味で乳酸菌の1つとされる場合もありますが、酢酸を作り出せるという特徴から厳密には二つは同じものではありません。ビフィズス菌は偏性嫌気性という性質を持っていて酸素のある環境では活躍できません。自然界に広く存在する乳酸菌と違います。整腸作用の効果の違いはビフィズス菌の多さが大きく関係すると言えるでしょう。乳酸菌は主にビフィズス菌の餌となることでサポートする役目を負っています。

 

3大乳酸菌ってどんなものなの?

 

一般に乳酸菌のうち特に効果が高いとされる3つの乳酸菌を「3大乳酸菌」と呼ぶことがあります。ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌が、これに当たります。ラプレ菌はお聞きになったことのない方も多いかもしれませんが、京都の伝統的な漬物「すぐき漬け」から発見された菌で、日本人と相性が良く塩分や酸に強く生きて腸まで届き、主に小腸で活躍します。乳酸菌そのものとして働くプロバイオテクスとしての面と、腸内でビフィズス菌のエサとなって増やす働きを持つプレバイオティクスとしての両面を持っています。腸内環境を整えお通じを良くする他、ウィルスや菌に対する免疫を高める働きも期待できます。また動脈硬化の原因となるコレステロール値を下げたり、アレルギー抑制効果や美肌効果も期待できます。

 

ガセリ菌ってどんなものなの?

 

ガセリ菌は日本人の腸から発見された乳酸菌で、多くの日本人の小腸に存在しています。酸に強く腸に長く留まることで知られており最長90日が報告されています。ガセリ菌は、プロバイオティクス乳酸菌として多くのヨーグルト製品などに使用されています。腸内で悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える他、インフルエンザウィルスに対する免疫力を高めることが免疫学会で報告されています。またダイエット効果があるという実験結果も報告されています。特にメタボ対策としての効果が期待できます。コレステロール値の低下も研究結果が発表されています。大腸で働くビフィズス菌と小腸で働くガセリ菌、そして餌になってサポートするラブレ菌を摂取することで整腸作用の相乗効果が期待できるでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.