植物性乳酸菌・ラブレ菌は、腸内環境を整え便通にも効果アリ | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 植物性乳酸菌・ラブレ菌は、腸内環境を整え便通にも効果アリ

植物性乳酸菌・ラブレ菌は、腸内環境を整え便通にも効果アリ

ラブレ菌の特徴、機能・効果とは

 

京都の漬け物・すぐき漬けの、発酵させる成分に含まれるとして近年発見された植物性乳酸菌・ラブレ菌。腸内環境を整え、便通・お通じや美容・健康効果が高いとされる乳酸菌ですが、その中でもヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌よりも、ラブレ菌などの植物性乳酸菌の方が強く耐久性が高いため、より整腸効果の高い乳酸菌として、大きく注目を浴びています。発酵食品に含まれるだけあって、塩分や酸に強く、胃液や腸液に耐えて腸にたどりつくことができるという点から見て、その強さ・効果の高さを垣間見ることができるでしょう。納豆・日本酒・酢といった発酵食品が身体に良い、美容への効果・効能が高いとされるのはこういった、ひとえに植物性乳酸菌の「耐久性の高さ」に起因したものなのです。

 

ラブレ菌が便通に効果がある理由

 

乳酸菌が腸内環境を整える役割を担っているのは既にご存知だと思いますが、なぜラブレ菌は特に便通に関して特に効果が高いと言われているのでしょうか。それは、先程も述べた通り、その耐久性の高さにあります。
先程、動物性乳酸菌よりも耐久性が高いと記述しましたが、植物性乳酸菌の中でもさらに生き抜く力が強い、という点に集約されます。腸の動き、つまり腸の蠕動運動に働きかけて活性化を促し、便通、つまり便秘や下痢の改善を促してくれるというわけです。ヨーグルトなどに含まれるビフィズス菌も効果がありますが、腸につくまで死滅してしまう可能性も高いわけで、せっかく整腸作用があっても肝心の現場まで届かなければ意味がありません。よく、発酵食品は身体に粘りを与えるといいますが、こういったメカニズムがあるのです。

 

ラブレ菌が排便・便通、身体に与える影響

 

また、ラブレ菌の大きな特徴として、糖や食物繊維など他の善玉菌にエサを与え、乳酸菌を増やす役割を担うということ。腸内の健康、引いては便通に関しては、善玉菌と悪玉菌の勢力争いが左右しており、多数決つまりどちらの数が多いかで腸内環境の善し悪しが決まるのです。当然ながら、善玉菌を増やすラブレ菌の有用性は計り知れません。
また、専門機関の研究では、ラブレ菌をきちんと摂取していると、排便回数が上昇し、硬い便の出現率が低下していることが分かっています。また、ラブレ菌によって排便時のいきみ、そして血圧の上昇を抑制する効果も解明されています。これらは、腸内にしっかりと辿り着き、腸内の状態をすっきりとクリーンに整えてくれた結果と言えるでしょう。すっきりさわやかな便通を得るためにも、ラブレ菌を積極的に摂取していきましょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.