身体・腸内の栄養成分となる、発酵食品由来の乳酸菌・ラブレ菌 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 身体・腸内の栄養成分となる、発酵食品由来の乳酸菌・ラブレ菌

身体・腸内の栄養成分となる、発酵食品由来の乳酸菌・ラブレ菌

ラブレ菌っていったい何?

 

あちこちで注目を集めているラブレ菌とは、乳酸菌の一種であり、植物性乳酸菌に分類されます。腸内環境を整え、数ある微生物のうち、善玉菌の栄養素となる働きを持っており、この機能が高く評価されています。
ラブレ菌が発見されたのは、1993年と比較的新しめ。京都の名物である「すぐき菜」を漬けた漬け物「すぐき漬け」の中に、このラブレ菌が含まれていることが判明、栄養・健康・医療業界において注目を浴びることとなりました。このように、多くの発酵食品に乳酸菌が含まれていることから、ヨーグルトなどの乳製品、納豆・醤油・味噌・日本酒などの発酵食品が推奨されるのは、ミネラルや鉄分・亜鉛といった栄養素だけではなく、この乳酸菌が多く含まれていることも加味されています。

 

腸にまでしっかり届く、ラブレ菌が持つ強さ

 

ヨーグルトなどの動物性乳酸菌に比べ、発酵食品に含まれる植物性乳酸菌は強く耐久性があり、腸に届きやすいとされています。中でも、すぐき漬けの樽から発見されたとあって、強い塩分と酸の中で生き残れたラブレ菌は、胃液にも耐えて腸内まで届く確率が非常に高いです。整腸作用が高いとされるのはそういった理由があるのです。
ラブレ菌が腸の中でもたらす機能として、善玉菌に栄養を与えるというものがあります。腸内には100種類以上もの微生物が生息していますが、善玉菌は悪玉菌に数で勝たなくてはなりません。その際、ラブレ菌が持つ栄養素、食物繊維や糖をビフィズス菌をはじめとした善玉菌にエサとして与えて、その働きを助けます。その結果、腸内の蠕動運動を助けて、お腹の調子を良くするというわけです。

 

腸内環境を整えることで得られるメリット

 

さて、救世主ラブレ菌によって善玉菌に栄養素が与えられ、腸の活動が活発になりましたが、これはお腹が強くなる、というだけなのでしょうか。答えはNoです。腸内環境を整えることで消化や便通を助けるだけではなく、免疫力の向上、アレルギーの緩和など多くのメリットがあります。
腸内にいる菌には先述の通り、悪玉菌も存在します。普段、私たちが病気にかからず健康でいられるのは、善玉菌がピロリ菌や大腸菌などの悪玉菌に毎日勝利しているからです。難しい説明を省けば、勝利条件は数の多さ。善玉菌の数が常に圧倒していなければ風邪やインフルエンザなどの病原菌の侵攻を許してしまうのです。善玉菌に栄養を与え、数を増やすラブレ菌がどれほど優秀かお分かりでしょう。
多く含まれる食品がすぐき漬けだけ、というのが難点ですが、今はさまざまな食品に組み込まれており、それらを摂取すると良いでしょう。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.