免疫系に強みがあるNK細胞の活性化が期待できるラブレ菌の優れた効果 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 免疫系に強みがあるNK細胞の活性化が期待できるラブレ菌の優れた効果

免疫系に強みがあるNK細胞の活性化が期待できるラブレ菌の優れた効果

漬物に含まれていたラブレ菌の効果

 

ラブレ菌が見つかったのは京漬物の中で、漬物はご飯のお供としても食べられてきた日本人馴染みの食材です。古来より発酵させて作られることで、この発酵過程でラブレ菌が生成され、それが京都の人々の健康にも貢献してきたわけです。
漬物の製造過程では塩などを活用しますが、ラブレ菌はこうした塩分や酸性濃度などにも強い対抗力を秘め、実際に経口摂取しても生きて腸まで届く性質を持っています。唾液・胃液・腸液、たん汁などの人体の分泌液にも対抗できる善玉菌です。
腸内でリンパ球からインターフェロンを作り出させ、それによりNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化されます。このNK細胞はがんやウイルスをやっつける働きがあるため、これにより死因で多いがん病を予防したり、猛威をふるうインフルエンザを予防してくれます。

 

ラブレ菌の摂取はサプリがおすすめ

 

このようにがん細胞やインフルエンザなどのウイルスに有効なNK細胞ですが、体内の免疫力の強化にも役立つ細胞です。病気にかかりにくくする免疫力の強化には、このNK細胞が関係してきますので、寿命を延ばす上でもヒントとなる細胞です。
そしてNK細胞を活性化させる上ではラブレ菌が必須ですが、その摂取としては漬物などの発酵食品、ヨーグルト、ドリンク、サプリメントによる方法があります。一番、多くの人にも活用される方法はドリンクで、大手の食品メーカーが開発された製品が主流です。
ただ、手頃にいち早く摂取することができる方法はサプリメントの摂取による方法です。カプセル化されていることで腸にまで生きて届けることもできます。
ラブレ菌の効果はインターフェロンを作りだしNK細胞の活性化をもたらすことにあるので、病気に対する抵抗力をつけるためにも優れています。

 

ラブレ菌を摂取と他の乳酸菌との関係

 

人体の健康には、ラブレ菌以外にも有用な乳酸菌を摂取することが必要ですが、善玉菌の数は豊富に存在する為、善玉菌を腸内に繁殖させることが重要です。例えばラブレ菌の他にビフィズス菌、LGG菌などが存在しますが、総て病気やダイエット、免疫力向上、アトピー、腸内環境の良化に効果的に働きます。
今、現代人に求められているのは、この善玉菌や有用菌を効果的に腸まで届ける仕組みです。つまりラブレ菌の様な耐久力がある菌はまさに有用となります。また善玉菌が死滅したとしてもその構成した物質が腸に届けば、ラブレ菌の善玉菌がそれをベースにして繁殖力を増す働きまであります。
効果の期待という面では、毎日、摂取し続けることが望ましく、その現代人を脅かす病気などにも対抗できますので、ラブレ菌などの乳酸菌を意識的に摂取することはおススメです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.