話題のラブレ菌には抗がん効果があるって本当なのか調べてみた | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 話題のラブレ菌には抗がん効果があるって本当なのか調べてみた

話題のラブレ菌には抗がん効果があるって本当なのか調べてみた

ラブレ菌とは一体なにか

 

最近、よく耳にする健康法に腸活というものがあります。腸内環境を整えることで体全体のコンディションを健康的にする方法です。なかでも注目されているのは植物性の乳酸菌であるラブレ菌です。ラブレ菌は京都の漬物で有名なすぐき漬けから発見された成分です。ほかの乳酸菌とくらべ酸や塩分に強い性質をもっています。過酷な環境下でも生存が可能なことから非常に生命力の強い乳酸菌です。ラブレ菌は生きたまま腸に到達することができるので腸内において大量の乳酸をつくり出します。よって悪玉菌の増殖を抑制し、腸内の環境を整える効果があるのです。ラブレ菌には抗がん、免疫力向上、美肌効果、アレルギーを抑制する効果、インフルエンザ、花粉症、コレステロール値を下げる作用などがあります。

 

抗がん効果のあるラブレ菌

 

注目すべきはラブレ菌はがんに効果的であることです。ラブレ菌にはインターフェロン生成を促進する働きをもっています。そのためNK細胞を活性化させることが可能なのです。このNK細胞とはナチュラルキラー細胞と呼ばれるものでウイルス感染、細胞の悪性化などによって体に異常な細胞が発生した場合にすぐさま異物を攻撃する初期防衛機構としての役割があります。このことからわかるようにNK細胞は非常に重要な免疫細胞なのです。ラブレ菌を摂取するとガン細胞を直接攻撃するNK細胞を刺激し、活性化してくれます。先程記したインターフェロンはがん治療にも用いられますが、体外から投与するケースは負荷が大きく副作用として微熱や吐き気など表れることもあります。しかし元は体内で生成されるものなのでラブレ菌を摂取することにより生成を助けてくれます。

 

積極的にラブレ菌をとりこむ

 

生活習慣病だけではなく抗がん効果もあるラブレ菌は、わたしたちの強い味方です。では、実際に日常生活に取り入れるにはどうしたらよいのでしょうか。京都の伝統漬物であるすぐき漬けを食べる方法もありますがより手軽に摂取したいかたには健康食品がおすすめです。植物性乳酸菌が配合されたヨーグルトやヨーグルトドリンクはいかがでしょう。身近なスーパーで簡単に購入することができるので、どなたでもすぐにはじめることができます。また上級者になるとラブレ菌を自家培養されるかたもいます。ラブレ菌配合のドリンクと豆乳または牛乳と組み合わせて作る方法です。温度や発酵する時間など注意点がありますが、コツをつかむと自分の好みにあわせてアレンジを楽しむこともできます。味もまろやかで美味しいと好評です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.