ラブレ菌には免疫力アップなどのたくさんの効果があります | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > ラブレ菌には免疫力アップなどのたくさんの効果があります

ラブレ菌には免疫力アップなどのたくさんの効果があります

ラブレ菌とはこのようなものです

 

乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類がありますが、ラブレ菌は植物性乳酸菌の一種で、1993年に京都の「すぐき漬け」という伝統的な漬物から発見されました。日本人の場合は味噌、漬物などで昔から植物性乳酸菌を利用しているため、ラブレ菌は日本人の腸に適した乳酸菌と言うことができます。また、植物性乳酸菌は動物性のものとは違って、かなり過酷な状況の中でも生き残ってきた強さがあるので、胃酸にも耐えて、生きたまま腸まで届くことが可能です。さらに、このようなラブレ菌にはさまざまな効果があることが分かっていますが、特に大きな効果と言われるのが免疫力を向上させることと腸内環境を整えるということです。そして現在では、これらの効果を持つラブレ菌を使ったサプリメントがたくさん販売されています。

 

ラブレ菌は免疫力アップに役立ちます

 

ラブレ菌には免疫力を向上させるという貴重な効果があり、最近ではガンの治療や研究などにおいても、この働きは注目されています。ラブレ菌はインターフェロンに働きかけると言われていますが、インターフェロンは体内に侵入してきたウィルスやガン細胞と戦うNK細胞という免疫細胞を活性化する働きを持っています。そして、これによって免疫力が高まって体の中のウィルスや病原菌が抑制され、風邪にかかりにくくなったり、ガンの予防や治療に効果を上げることが期待されています。さらに免疫力はアレルギーとも関係があり、免疫細胞のバランスが崩れるとアレルギーになると言われているので、ラブレ菌によって免疫力がアップし、バランスが良い状態になればアレルギーも改善される可能性が高いと言えます。

 

ラブレ菌は腸内環境を整えます

 

ラブレ菌の場合は、腸内環境を整えるということも大きな特徴の1つです。腸内には善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が存在しますが、ラブレ菌のような善玉菌は腸の蠕動運動を活性化して便秘を解消し、血行を良くすることで全身の健康の維持にも役立つとされています。これに対して悪玉菌が増えると老廃物や有害物資が体内に残って体調を崩したり、ガンの原因になることもあります。また、日和見菌の場合は普通の状態では体に悪い影響を与えることはありませんが、悪玉菌が増えるとそれに影響されて健康に良くない作用を及ぼす可能性があるので、腸内の環境を良くするには悪玉菌の繁殖を抑え、善玉菌を増やすことが必要となります。そのため、腸内で生き残ることのできる善玉菌であるラブレ菌を摂れば、腸内の健康に役立つと考えられます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.