腸内環境を整えるなど植物性乳酸菌のラブレ菌に期待できる効果について | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 腸内環境を整えるなど植物性乳酸菌のラブレ菌に期待できる効果について

腸内環境を整えるなど植物性乳酸菌のラブレ菌に期待できる効果について

植物性乳酸菌の一種「ラブレ菌」について

 

ラブレ菌についてはテレビCMなどの影響でご存知の方も少なくないかもしれませんが、ラブレ菌は京漬物のすぐきから発見された植物性乳酸菌の一種であり、塩漬けされた塩分濃度の高いすぐきの中でも生存できるほど塩分に強い耐性を持った乳酸菌です。
また、ラブレ菌は動物性乳酸菌よりも胃酸・消化液に強く、植物性乳酸菌の中でも胃液など酸に対して特に強い乳酸菌ですので、細菌にとって非常に過酷な環境下でも生存可能な乳酸菌です。
そのため、植物性乳酸菌のラブレ菌は生きたままで腸内に到達できる乳酸菌である事が最大の特徴であり、ラブレ菌は腸内に生きたまま留まる事でオリゴ糖などを分解した時の分解物である乳酸を産生するため、腸内を弱酸性に導き、腸の動きを活発にしたり悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を整える効果が得られるというわけです。

 

ラブレ菌に期待できる健康効果

 

ラブレ菌は腸内生存率が高い植物性乳酸菌ですから、腸内にとどまって腸内環境を整える働きがある事から、自然な腸の動きを取り戻しスムーズな排便に導くので腸の健康維持や便秘解消効果が期待できます。
また、ラブレ菌は腸内環境を整えるだけではなく、老廃物が蓄積しにくい体に導くため、老廃物が血液を通して肌に運ばれる事で起こる肌荒れやニキビを防ぐ効果もあると言われていますし、この植物性乳酸菌は腸内のリンパ球を刺激してインターフェロンの産生を促進する働きもあります。
インターフェロンというのはウイルスやガン細胞を死滅させるナチュラルキラー細胞の働きを活発にさせるタンパク質ですが、臨床試験ではラブレ菌の摂取によりインフルエンザ感染のウイルス量を減少させる実証データが報告されていますし、ラブレ菌が持つ抗ガン作用や抗ウイルス作用は大きな注目を集めています。

 

ラブレ菌の効果的な摂取の仕方について

 

腸内環境を整えたり抗ウイルス・抗ガン作用や免疫力アップがあると言われる植物性乳酸菌のラブレ菌ですが、食品から摂取するとなると、この植物性乳酸菌が京漬物のすぐき漬けに多く含まれているため、すぐき漬けばかり食べないといけなくなってしまいます。
もちろん、すぐき漬けが好物で毎日のように食べているのであれば良いかもしれませんが、そうでない人の方が多いでしょうし、ラブレ菌の持つ腸内環境を整える働きは継続的な摂取により効果が期待できるものですから、やはり効率的にラブレ菌を摂取できる加工食品やサプリメントがベストだと言えるでしょう。
ただ、加工食品やサプリメントで摂取する場合は乳酸菌のエサであるオリゴ糖や食物繊維を含む食品と一緒に摂るか、それらも配合されたサプリメントで摂取するのが効果的ですし、即効性が期待できるものではないので摂取し続ける事が大切です。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.