乳酸菌の一種、ラブレ菌。抗菌作用など特徴があります。 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の一種、ラブレ菌。抗菌作用など特徴があります。

乳酸菌の一種、ラブレ菌。抗菌作用など特徴があります。

乳酸菌の働きについて

 

乳頭やブドウ糖を分解して大量の乳酸を作る細菌、それが乳酸菌です。乳酸菌と一口に言ってもその種類はさまざま。ビフィズス菌やガセリ菌・シロタ株・ラブレ菌など聞いたことのある名前も多くあるでしょう。善玉菌と呼ばれるのも乳酸菌のことです。私たちの腸内には40種類ほどの善玉菌が住んでいて悪玉菌よりも強い立場に立つことでおなかの調子を整え、体全体の病気や調子を改善するために働いているのです。
ヨーグルトやサプリメント・健康食品などさまざまなところで乳酸菌を摂るメリットについて聞くことはあるでしょう。ただ乳酸菌と一口に言っても菌の種類がそれぞれ異なる以上はそれぞれにその働きは細かく分かれます。
ここではラブレ菌の特徴や働きについてみていくようにしましょう。

 

ラブレ菌の特徴について

 

ラブレ菌は、ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアグランスというのが正式名称です。京都のお漬物・すぐき漬けから発見されたのです。植物性乳酸菌の一つです。カブの一種のすぐき菜という植物を使ったお漬物で、京都三大漬物とも呼ばれる有名なものです。食べるととても酸っぱく、昔から食べられてきた日本古来の発酵食品です。
ラブレ菌の特徴はとにかく乳酸菌の中でも「強い」と言うこと。もともと栄養があまりないような過酷な環境であってもラブレ菌は繁殖できるそんな強さを持つのが特徴なのです。だからこそすぐき漬けの塩分濃度が高く酸度が高い環境の中でラブレ菌は生き抜いてくることができたのです。
その強さゆえに、ラブレ菌は生きたまま腸まで届き、活躍してくれるのです。

 

ラブレ菌の抗菌作用とは

 

もちろん、すぐき漬けを食べてもいいのですが、サプリメントや飲料などでもラブレ菌は摂ることができます。腸内環境を整えてくれるという乳酸菌の特徴を持っているため健康や美容のために摂取する方も多いでしょう。特にラブレ菌は他の乳酸菌に比べて強いため生きて腸まで届いて住み着く数も多く、効果も高いのです。それだけではなく、免疫力強化やガン予防効果・更には抗菌作用もあるのです。抗菌作用も乳酸菌に全般的に持つ特徴です。食中毒などの菌を完全に押さえ込むというのは難しいものの、ある程度は発生を抑えるだけの抗菌力はあるのです。腸内で大腸菌が繁殖するのを抑えて免疫力を高めるのです。
お茶も抗菌作用がありますが、ラブレ菌はお茶の成分くらいでは壊れることなく元気です。そのため一緒に飲むのもおすすめです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.