乳酸菌の中でも強い成分・ラブレ菌がもつ大きな特徴とは | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 乳酸菌の中でも強い成分・ラブレ菌がもつ大きな特徴とは

乳酸菌の中でも強い成分・ラブレ菌がもつ大きな特徴とは

そもそもラブレ菌とは?

 

ラブレ菌とは乳酸菌の一種で、その中でも「植物性乳酸菌」に分類される成分です。主に含まれる食品としては、京都の名産である「すぐき漬け」が挙げられます。すぐき漬けに使用される「すぐき菜」とは、アブラナ科の越年草であり、カブの変種です。実は、このすぐき菜を漬ける際、その発酵をすすめているのが、樽などに付着している乳酸菌の成分・ラブレ菌というわけです。この乳酸菌・ラブレ菌が酸味のきいたおいしい漬物を作っています。
ラブレ菌は、平成5年(1993年)に発見された、比較的新しい成分。他でも乳酸菌は私たちの体に良い効果をもたらすことが知られていましたが、このラブレ菌には他の乳酸菌にはない、優秀な力が備わっているのです。この機能により、食品メーカーなどでも実験に使用され、ヒトのインフルエンザ感染防止にも効果が期待されているという、優れた成分なのです。

 

ラブレ菌が持つ特徴とは

 

ラブレ菌は他の乳酸菌や、腸内における善玉菌と呼ばれる成分の中でもひときわ異なる特徴を持っています。何より大きな特長として挙げられるのは、その耐久性。ほとんどの乳酸菌は胃液、そして腸液で融解・死滅してしまいますが、ラブレ菌は酸・塩分に強く生きたまま腸にまで辿り着くことができるという、タフさを持ち合わせています。
また、乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌がありますが、牛乳・ヨーグルトから作る動物性乳酸菌よりも、ラブレ菌などの植物性乳酸菌の方が強く、そして健康効果も高いとされています。納豆・ぬか漬け・野沢菜・味噌・醤油・日本酒といった発酵食品の成分としても含まれています。これらの食品の特徴である、身体に良い、美容に良いと各所で言われている理由が分かるラインナップですね。

 

まだまだある、ラブレ菌の持つ優れた特徴

 

他にもラブレ菌には優れた特徴を持っています。耐久力が強く、胃液に負けず腸に到達すると、腸内環境を整えるだけでなく、糖や食物繊維をエサとして、善玉菌といえる乳酸菌を腸内で増やし続けるのです。腸内には100種類を超える微生物が生息していますが、この中では陣取りゲーム・縄張りゲームが繰り広げられています。お腹を壊したり、免疫力を下げ病気にかかりやすくする、大腸菌をはじめとした悪玉菌と、乳酸菌をはじめとする身体に良い影響を与える善玉菌が内部で勢力争いを行っており、多い方が勝つという図式になっています。つまり、ラブレ菌を摂取することは、腸内の善玉菌=乳酸菌を増やすこととなり、腸内から体内をクリーンに、老化を防いだり血行を良くしたりとさまざまな良い影響をもたらすのです。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.