植物性乳酸菌のラブレ菌の特徴は腸まで届きやすいこと | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 植物性乳酸菌のラブレ菌の特徴は腸まで届きやすいこと

植物性乳酸菌のラブレ菌の特徴は腸まで届きやすいこと

ラブレ菌は漬物から発見された菌

 

ラブレ菌という乳酸菌が入っているヨーグルトやサプリメントを見たことがある人も多いかもしれません。ラブレ菌は日本古来の食文化である漬物のなかの「すぐき漬」から発見されました。酸茎(すぐき)菜という植物を漬け込んだもので、食べると酸っぱい漬物です。この中から発見されたラブレ菌は味噌や醤油、漬物などの発酵性食品の中に含まれている植物性の乳酸菌で、古来から日本の食文化の中で生き続けてきた乳酸菌であるといえます。植物性の乳酸菌は動物性の乳酸菌にはない特徴を持っていることから注目を集めています。ラブレ菌の特徴は動物性の乳酸菌では生き続けることができない環境であっても、生き続けることができるという点にあります。この特徴は植物性乳酸菌の大きな強みであるといえるものです。

 

植物性乳酸菌の特徴とは

 

植物性乳酸菌であるラブレ菌は、酸や塩分に強いという特徴を持っています。動物性の乳酸菌は酸に弱い性質を持っているので、人間の消化液でほとんどが死滅してしまうといわれているのですが、ラブレ菌は酸に強いため消化液にさらされても生き続けることができるので、生きたまま腸に届くことができるのです。またラブレ菌は腸にとどまることができるのも特徴に上げられます。腸にとどまることができるラブレ菌は、そこで活動を行って乳酸菌を作り出すことができるのです。ラブレ菌から作り出された乳酸菌は腸を刺激して蠕動運動を活発にして便秘を解消したり、腸内の環境を弱酸性にすることでアルカリ性の環境を好む悪玉菌が増殖しにくい環境を作り上げることで腸内環境を、改善する効果が期待されています。

 

ラブレ菌がもたらす効果とは

 

ラブレ菌は便秘の解消、腸内環境の改善の他にも、体内でインターフェロンの生成を促進する働きがあるため、NK細胞を活性化させて免疫力を向上させる効果が期待されています。免疫力が向上すると細菌やウイルスが感染してもすぐに撃退することができますので、感染症の予防や、自分の細胞のミスコピーによって1日に5000個も出来てしまうといわれているがん細胞を撃退し、がんの予防にもその力を発揮してくれます。免疫力が向上するとアレルギーの発症を予防することもできますので、花粉症やアトピーの人のアレルギー症状発症の予防や改善、さらにコレステロール値を低下させるため、動脈硬化や高脂血症の予防や改善、さらにはそれらが原因となっている心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果も期待できます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.