胃の中に住み付く厄介なピロリ菌にも有効なLGG菌の効果 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > 胃の中に住み付く厄介なピロリ菌にも有効なLGG菌の効果

胃の中に住み付く厄介なピロリ菌にも有効なLGG菌の効果

有用な乳酸菌としてLGG菌の可能性

 

話題の乳酸菌の一つでもあるLGG菌は、プロバイオティクスとも言われ、人体にも有効的な働きを持つ微生物としても注目されています。その研究成果としてはアレルギー疾患に関する研究、感染症予防に関する研究が見られ、その他に整腸作用など様々な効果に有用な善玉菌と期待されています。
こうした効果の中でも胃や腸に生きて届くことで、そこに生息するピロリ菌に対して大きな効果があると指摘されています。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍など起こし、がん細胞を増殖させるなど悪玉菌で、こうした菌の働きが強くなってしまうと体調に異変を生じさせる原因となります。
そこでLGG菌を摂取すると胃の中、腸内の悪性の菌類が減少し、その代わりに健康にも効果がある有用な善玉菌の数を増やすことが可能です。それにより胃腸の調子を整え、体全体を健康に優れた状態にすることもできます。

 

LGG菌は胃酸にも負けない強い菌

 

もっとも人体に善玉菌が有用に活躍する上では、それが唾液や胃酸、たん汁などの影響を受けずに死滅されないで、生きて胃腸に届くことが重要となります。ビフィズス菌などの多くの善玉菌が存在しますが、善玉菌の欠点にはこうした体内の分泌液に弱いという性質が見られます。
一方の悪玉菌であるピロリ菌は胃に生息するぐらいですので、胃酸にも強く、それに対しての耐性を持っています。ところがこの胃酸やたん汁などで他の善玉菌が弱く死滅されてしまう菌に対してLGG菌は胃酸にも強く、消化にも影響されない優れた効果がある善玉菌と判明しています。
これによりピロリ菌にも有効に作用し、それを攻撃し、胃や腸を善玉菌が占める様にできることに繋がっていきます。生きたまま胃腸に届くこと、それを叶えてくれるのがLGG菌の魅力となるのです。

 

ウイルスやアレルギーにも優れた効果

 

人間が生きていく上では、ウイルスや体内の免疫から来るアレルギー性疾患に悩まされるのは仕方がないことです。ただLGG菌は胃や腸のピロリ菌だけでなく、強い感染力を持つインフルエンザウイルスやアトピー、花粉症などのアレルギー疾患にも効果的だと解明されています。
その理由としてはLGG菌には、体の免疫細胞に働きかけることで、その免疫細胞が上手く働かない状態を解消することに繋がるためです。免疫細胞のバランスを良くすることでアレルギー疾患を未然に防げます。
しかもインフルエンザウイルスに対してはLGG菌による人体の免疫細胞の活性化により、免疫機能を強化するため、それによってインフルエンザの感染自体を予防できます。この様にLGG菌は人体の免疫力までをアップできることで、人間の持つ免疫機能を強化されることで病気や体調不良に抑制できる効果が期待されます。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.