LGG菌は腸内フローラを整えて便通や免疫力改善にも役立つ乳酸菌 | 注目の乳酸菌サプリを一挙比較

乳酸菌効果で、もっといきいき
> 乳酸菌関連記事 > LGG菌は腸内フローラを整えて便通や免疫力改善にも役立つ乳酸菌

LGG菌は腸内フローラを整えて便通や免疫力改善にも役立つ乳酸菌

乳酸菌の一種であるLGG菌とは

 

LGG菌はラクトバチルス属のラムノーサス種に属している乳酸菌のことで、LGG菌という名称はLactobacillus(ラクトバチルス)rhamnosus(ラムノーサス)・GGの頭文字を組み合わせた略語になります。
1985年の米国タフツ大学にて、教授のゴルバッハ氏とゴルディン氏によって発見されたと言われています。LGG菌のGG及び正式名称の語尾につくGGは、この二人の名前の頭文字をとって付けられたものとされています。
発見されてから二年後に、フィンランドにあるバリオ社が研究を始めるようになります。研究開発が進んだ結果として、バリオ社はLGG菌のライセンスを取得しています。バリオ社は一つの国につき一社とだけ契約する決まりがあり、日本ではタカナシ乳業が契約しているので日本でLGG菌を開発販売しているのはタカナシ乳業のみとなります。

 

LGG菌の優れているところ

 

乳酸菌は腸にまで届くことで腸内フローラの状態を整えたり便通改善のサポートをしますが、多くの乳酸菌は腸に届く前に胃酸で死滅してしまう種類が多いようです。乳酸菌の死骸も体内で役立ちますが、腸内フローラは生きた菌で成り立っているので腸内フローラのためには生きたまま腸まで届く方が良いといわれています。
LGG菌は胃酸などの消化液に強いため、腸まで生きた状態で辿り着くことができます。また、長期的に腸内に定着することができる性質も持っています。長期定着ができる理由はLGG菌に生えている微細な線毛にあり、これを使って腸にしっかりくっつきます。
死滅しにくい乳酸菌は腸内環境の改善で大いに活躍するので、腸まで届いて長く滞在する強さのあるLGG菌は腸内フローラ・便通改善・腸内環境改善など腸に関する健康状態の向上に役立つ乳酸菌とされます。

 

どのような効果があるのか

 

腸内フローラが整えられると、便秘や下痢といったお通じの問題が改善されるといわれています。便が溜まる原因も便が緩く出る原因も腸内環境が一つの要因として挙げられるため、腸内フローラが整うとお通じの問題が改善された実例が多くあります。
お通じ改善の他には、子どもに起きるアトピー発生率の低下・風邪やインフルエンザ予防・花粉症の改善・体脂肪率の低下の効果が発見されています。アトピー・風邪やインフルエンザ・花粉症は免疫力が関係してるとされ、免疫力は腸内環境の影響を受けます。腸内環境が改善されると免疫力が向上し、アトピーの発生率が下がったりインフルエンザなどの感染に対する抵抗力が高まるというデータがあります。
体脂肪率の減少に関しては、動物実験に於いて体脂肪減少と共に体重減少が起き、血中にある脂肪細胞肥大化を抑制する物質が増えていることが明らかになっています。

≫乳酸菌サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の乳酸菌とは
乳酸菌関連記事
ページトップへ
Copyright©乳酸菌人気ランキング All rights reserved.